読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

「山形の極み〈佐竹ぶどう園〉山形県産 ぶどう3種食べ比べセット」試食レポート

今回は、管理栄養士の川口由美子さんに「山形の極み〈佐竹ぶどう園〉山形県産 ぶどう3種食べ比べセット」をご試食いただきました。初めて食べる品種もあったようですが、そのお味は…?

------------------------------------

こんにちは。管理栄養士、幼児食アドバイザーの川口由美子です。
先日、実家に帰ったら、カタログをめくっている父の姿が。何を読んでいるかとのぞいてみたら、なんとリンベルさんのカタログギフト! お祝いのお返しでいただいたとのこと。「リンベルのカタログギフトっていいものいっぱいあるよね、どれにしたの?」と、しばらく話していない父との会話に花が咲きました。カタログギフトって何にしようかと迷ったりするのが、楽しいですよね。

さて、そんなリンベルさんから今回、試食を依頼されたのがこちら!! わーい!

f:id:blogscout:20160930174003j:plain

それが…今回ご紹介する「山形の極み〈佐竹ぶどう園〉山形県産 ぶどう3種食べ比べセット D」!

f:id:blogscout:20160930174049j:plain

シャインマスカット(特秀)・ピオーネ(特秀)・ゴルビー(秀)が、各1房ずつ入っています! 3房で2kgということなので、1房がいかにリッチな大粒ということがおわかりいただけるでしょうか。写真で伝わりますか? この大粒!!

f:id:blogscout:20160930174108j:plain

3色そろうと本当にきれいで、まずはうっとり眺めてしまうほどです。宝石みたいで思わず子どもたちから歓声があがります。

まずは、シャインマスカット。私の最近のお気に入り品種です。なんといっても皮が薄くてアクが少ないので、皮ごと手軽に食べられるのも魅力ですし、渋みがないので食べやすいですよね。

そして、このリンベルさんのシャインマスカットは、他の同品種より断然に甘い! でもくどくない甘さなので、何個でも食べてしまいます。

f:id:blogscout:20160930174130j:plain

続いてピオーネ! これは黒いぶどうですが、私が表現するなら「ぶどうらしいぶどう!」あ、わかりにくいですか? ぶどうの香りがとっても豊かで、味がとても濃厚です! これまたとっても甘いです。
大粒なのに味が濃いので、ものすごくオトクなぶどうです。これ1つでぶどうのすべてを満喫した気分にすらなれます。

f:id:blogscout:20160930174155j:plain

続いて試したのが、赤ぶどうのゴルビー。ルビーのようなきれいな赤だったので、てっきりルビーかと思ったら、旧ソ連のゴルビー(ゴルバチョフ氏)が名前の由来なのだそうでびっくり。それでもやはり、ルビーのような鮮やかな赤です。初めて食べたのですが、この品種のファンになりました。赤ぶどうにありがちな、舌に残る後味がないんですね。すっきり食べられる赤ぶどうです。

ぶどうが3種類も同時にあったので、少しずついろいろな味を試しながら、実家で弟家族や父母たちと楽しくいただきました。みんなでワイワイと、あれが好き、これが好きと言いながら食べるのは最高のひとときでした。

f:id:blogscout:20160930174232j:plain

皆さんもぜひこの食べ比べセットで、いろいろなぶどうをお楽しみくださいね。

------------------------------------

いかがでしたか? 「ゴルビー」を初めて召し上がったという川口さんも、すっかりファンになってしまったようです。3種類を食べ比べられるこのセット、それぞれの品種の違いや魅力がよりはっきりわかりそうですね。

こちらのセットは佐竹ぶどう園のぶどうです。食べ比べセットはすべて同じ農園で育ったセットをお届けするので、純粋にぶどうの味の違いだけを楽しめますよ。ぜひ、その他のセットもご覧になってみてください。

「3種食べ比べセット」や「大粒ぶどう」の商品情報はこちら(今年のお申込みは好評につき終了しました)

川口由美子

f:id:blogscout:20160822112716j:plain

(一社)日本母子栄養協会 代表/幼児食アドバイザー/母子栄養指導士
離乳食や幼児食の本や雑誌を書いています。管理栄養士としてだけではなく、一男一女の母として子育て経験談も交えて、家庭の食事について伝えています。著書に『フリージング幼児食 1歳半~5歳 -1週間分作りおき!』(大泉書店)他

「山形の極み 無塩せきベーコン」試食レポート

フードライター&栄養士の藤岡智子さんに、「山形の極み 無塩せきベーコン」をご試食いただきました。
作り手のこだわりがギュッと詰まった大きなブロックベーコンを、シンプルにカリッと焼いて…、また、藤岡家の定番メニュー「ベーコンポテト」で召し上がった感想をご紹介いたします。「ベーコンポテト」のレシピもご紹介していますので、ぜひご覧ください。

------------------------------------

常に最高のギフトを追求するカタログギフトのリンベルさん。グルメでも全国の美味美食を吟味しています。
そんなリンベルさんが、様々なグルメ商材の中から厳選し太鼓判を押す「極み」シリーズは、食の安心&安全を徹底的に追求した本物の味わいです。その中から、今回は「山形の極み 無塩せきベーコン」を試食させていただきました。

f:id:blogscout:20160928212426j:plain

かわいいイラストの描かれたボックスを開けると、ブロックタイプのベーコンが入っていました。発色剤を使わない「無塩せきベーコン」です。クール便で届き、きちんと緩衝材が敷かれていました。

f:id:blogscout:20160928212520j:plain

ラベルには「出羽のしんけん工房」と書いてあります。ドイツ語では、ハム類を「Schinken(シンケン)」と呼ぶそうですね。そして、真剣に製品づくりに取り組むというポリシーをこめているとか。
そのポリシーは、

・原材料の厳選
・加工段階での純正
・時代環境に曲げられない一徹な姿勢
・みずから99%消費者の立場の自覚

この4つを守り続ける姿勢、とても信頼感がありますね。

f:id:blogscout:20160928213004j:plain

ベーコンを取り出してみると、ずっしりと重く、厚みがあります。横から見ると、赤身と脂身がバランスよく、層になっているのがよくわかりました。

f:id:blogscout:20160928213103j:plain

使用する豚肉は山形・最上川ファームの「庄内SPF豚肉」。クセがなく、やわらかな肉質が特長だとか。SPFとはSpecific Pathogen Freeのことで、特定病原微生物を持たないという意味です。
天然の岩塩、香辛料、砂糖だけを使用し、桜のチップを使い、2晩かけてスモーク。塩は手仕事で、ていねいにすり込むそうですよ。

f:id:blogscout:20160928213230j:plain

早速、カットしてフライパンで焼くことにしました。香ばしい匂いとともに、こんがりと焼き上がりました。ごはんにも、ビール、ワインにもよく合いそうです。
薄く切ってカリカリにしても、厚めにカットしてステーキにするのもおすすめです。ブロックなので、自在に活用できますね。

f:id:blogscout:20160928213253j:plain

次に、食べ盛りの息子たちのリクエストに応えて、焼いたベーコンでオープンサンドを作りました。バゲットの上に生野菜をのせ、ベーコンとともにいただきます。

f:id:blogscout:20160928213319j:plain

シンプルなオープンサンドですが、ベーコンのうまみが感じられ、贅沢な気持ちに。お好みの食材を取り合わせて、ホームパーティなどにもよさそうです。

そして、わが家の定番「ベーコンポテト」を作りました。

f:id:blogscout:20160928213358j:plain

用意するのは角切りにしたジャガイモと、とけるチーズ。

  1. 切って水にさらしておいたジャガイモを耐熱容器に入れて、電子レンジでやわらかくなるまで加熱。
  2. 熱したフライパンで角切りにしたベーコンを炒め、先ほど加熱したジャガイモを加えます。
  3. ベーコンの脂が全体にいきわたったら、グラタン皿に移し、とけるチーズをのせてオーブンやグリル、オーブントースターで少し焦げ目がつくまで焼いたらできあがりです。

焼きたてをいただきましたが、ベーコンの味わいが、ジャガイモに風味をプラスしていて、いつもより奥深い味わいに仕上がりました。ほどよいベーコンの塩味が感じられるので、塩を加えなくても十分。とてもおいしくいただけました。

f:id:blogscout:20160928213511j:plain

ブロックでたっぷりボリュームがあり、いろんなお料理で楽しめるのがうれしい「山形の極み 無塩せきベーコン」。これからの季節、運動会や行楽のお弁当などにも活用できます。おもてなしやお酒の肴にもぴったりです。

------------------------------------

いかがでしたか? カリカリに焼いて食感とともに楽しんだり、分厚く切ってうまみを贅沢にじっくり味わったり、写真からも魅力が伝わりますね。
実は、カリカリに焼き上げられることこそ、本物のベーコンの証なんです。
カリカリベーコンを作ろうと思って、フライパンで焼いたら、シワシワに縮んでしまった…なんてことありませんか? 焼くとシワシワに縮んでしまうものは、燻製させる前の豚肉に、調味料など増量剤を注入して目方を増やしてつくったベーコンです。

この「山形の極み 無塩せきベーコン」は、本当に安心・安全に食べられる、本物のベーコンを目指して、職人さんたちが子だ徹底的なこだわりを持って「真剣」につくった贅沢な逸品です。ぜひ一度、その味の違いをお確かめください。

「無塩せきベーコン」のお申し込みはこちら。

藤岡智子

f:id:blogscout:20161031111937j:plain

フードライター&栄養士。情報誌、グルメ雑誌のライターとしてレストラン、カフェなど500店舗以上の飲食店取材を経験。栄養士の資格を生かし、食育・栄養関連の記事の執筆、レシピ提案・調理などもおこなっている。

カリスマコンテストブロガー青山清美さんの「山形の極み 米沢牛」試食レポ&オリジナルレシピ

今回のリンベルスタッフブログにご登場いただくのは、レシピコンテストで料理家の年間12本以上の賞を獲得することから、カリスマコンテストブロガーと呼ばれる青山清美さん。

山形が誇る牛肉のひとつ「米沢牛」の中でも肉質の等級が4 等級(B.M.S.No.5) 以上のものだけを厳選してお届けする「山形の極み 米沢牛 焼肉用」をご試食いただいた感想をレポートいただきました。

元日本バーテンダー協会所属バーテンダーというご経験を活かした、お酒が進む一品。さらにご家族で楽しめるオリジナル丼、ここでしか読めない2つの青山さんならではのレシピも掲載。

美味しいお肉が食べたくなってしまうレポートをお届けします。

------------------------------------------------------------------------

こんにちは。料理家の青山清美です。

 

皆さんご存知のカタログギフトの「リンベル」。 
カタログギフトのパイオニア!というだけあって
リンベルのカタログギフトはページをめくるたびに、家族でどれを選ぼうかと家庭内会議が繰り広げられるほどどれも魅力的な商品ばかりでわくわくしてくるのです。

 

どれもこれも素敵だなぁ~と思っていたましたら、なっなんと
「山形の極み 米沢牛 焼肉用」をお試しさせて頂ける幸運に恵まれました!


その事を家族に報告するやいなや、届く前から肉好きな夫と息子のテンションの高さと言ったら! 

さぁ 期待感満載で待つこと数日。待ちに待ったピンポーン!♪ 

f:id:neko_pa:20160914115256j:plain

段ボールの中には、リンベルロゴがデザインされた綺麗な包装紙に包まれその上には、わくわく感を更に盛り上げる米沢牛の添え書きが。
もう、これを読むだけで ごっくん!と喉がなってきました。
ハヤル気持ちを抑え、包を開けると・・・。 

日本の宝石箱のような木箱が出現!!
もう、どこまでどきどきわくわくさせるのでしょう。

f:id:neko_pa:20160914115316j:plain

 

しばし、ウットリと木箱を眺め 中身の期待感に浸ってしまいました。
さてさて、木箱の蓋をいよいよあけますよーっ  じゃーん!♪

f:id:neko_pa:20160914115624j:plain

きゃーっ! ・・・ ととと。 思わず叫んでしまいました。
良質な穀物を飼料として、丹念に育てられた米沢牛
上質で綺麗なピンク色にこの霜降り具合!!
やっぱり木箱がますます宝石箱に思えてきました。

1枚が大きくて厚みもあり、夫曰く「これはもうステーキ感覚だね」と興奮するほど。
本当に一口二口では食べきれないほどの「大きなカットの立派な米沢牛焼肉用」が木箱一杯に詰められておりました。

「最初は、そのまま食べようよ!」と家族全員一致でシンプルに焼いて好みの調味料で食べることに。
おすすめの食べ方どおり、火を通しすぎないようにさっと炙って頂きます。

f:id:neko_pa:20160914115705j:plain

木箱から取り出した 米沢牛は室温になれるほどに脂がとろけ出します。

f:id:neko_pa:20160914115841j:plain

さっと炙った米沢牛からは、甘みと旨みを連想させる美味しい香りがふわーぁと漂いまして、

そっと持ち上げると
この柔らかさといったら♪ そして、色艶、香り。 あぁ~~~ったまらない。

「写真なんて撮ってる場合じゃないわ! 早く 口の中へ・・・・!!」と 
お腹までもが きゅるるぅ~~と鳴り 「早く食べさせて」と抗議してきました!

つけ調味料に用意したのは、わさび、海塩、にんにく醤油、グルメだれ、シークワーサー。

どれで食べても米沢牛の濃厚な旨みとほどける油の甘味が口いっぱいじゅわわ~んと広がり美味しー 最高だねー。 

素晴らしいお肉は家族の笑顔も運んできてくれました。


ストレートな表現をしますと、まさに歯がいらないんじゃないかと思うくらい柔らかく旨味は濃厚!
今もこの記事を書きながら、あの時の味を思い出し喉が鳴っています。  

あぁ・・・本当美味しかった!

こんなにも、味と食感が忘れられなくなるお肉に出会ったことがないかも?


そんな気持ちにまでなったところで、今度はご飯と一緒に頂くコトに。

 

★炙り米沢牛のシークワーサーずしをスパイス塩で★

f:id:neko_pa:20160914120238j:plain

<作り方>
米沢牛の旨みを活かすためご飯は酢飯ではなくシークワーサーのフルーティーな酸味で握りました。

ピスタチオを砕き、炒り胡麻、鷹の爪、ガラムマサラ、海塩などを混ぜて作った、自家製スパイス塩をパラリとかけました。

これは、日本酒やワインが進む大人の味になりました!!!


★炙り米沢牛と山形だし(風)のおどんぶり 卵黄添★

次は、山形県生まれの米沢牛にちなんで、山形だし(風)を作って、贅沢な丼ものにして食べます♪

f:id:neko_pa:20160914120612j:plain

<作り方>

きゅうり、なす、おくら、ねぎ、みょうがなどを細かく刻み、白だしと合わせれば完成。
この材料で作った山形だし(風)は、しゃきしゃきっとした野菜の食感と、和の香菜の香りが楽しめます。


普段料理を考えるときに「ルーツを合わせた料理にはずれが無い」と勝手に思っているのですが、これがまた絶品でした!

山形県米沢牛と山形だしの組み合わせは、やっぱり日本人に生まれて良かったー!と、頬っぺたが緩むほど美味しかったです。

炊き立てのご飯をよそった器に、軽く炙った米沢牛と、山形だし(風)、卵黄をのせれば贅沢な至福丼ぶりの完成です。

まだまだ、余韻が残っているのですが、レポートはここまで。

極めつけに!! 全部の集合写真をどうぞ!

f:id:neko_pa:20160914120822j:plain

 

あぁもう。
眺めているだけで、白いご飯を食べれそうな勢いの米沢牛のビジュアル! 本当凄いですよね!♪

------------------------------------------------------------------------

いかがでしたでしょうか?
シンプルにサッと炙るだけでも絶品ですが、こうしたひと手間で新しい感動が生まれます!

青山さんのコメントに「ルーツを合わせた料理にはずれが無い」という言葉がありましたが、これは奥深い言葉ですね。
確かにその土地の食材には、その土地のお酒が合いますからね~。

この贅沢な味わい、ご自宅での特別なひとときにぜひお試しください。

食通のあの方への特別な贈り物にも最適です。

リンベルの「山形の極み  米沢牛」は今回、青山さんにお試しいただいた「焼肉用」の他にも「ステーキ用」「すき焼き用」など、豊富なラインナップをご用意いしています。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

<青山清美さんプロフィール>

f:id:neko_pa:20160914233034j:plain

青山清美 

料理家 / 料理ブロガー/元日本バーテンダー協会所属バーテンダー


オリーブオイルテイスター / ベジタブル&フルーツアドバイザーの資格を所有。
2016年度パルマハム協会公式日本オリジナルレシピ担当。
レシピコンテストでは年間12本以上の賞を獲得することから、カリスマコンテストブロガーと呼ばれることも。 2014年より、3年連続スパイス大使を務める。今日もワイン部連載執筆、料理雑誌掲載多数。 
独特なスタイリングと写真に定評があり、主に企業向けのリーフレット、ポスター等の新規レシピ開発から料理、スタイリング、撮影までを一気に手掛ける。

人気パン教室主催の吉永麻衣子さん流 「山形の極み 無塩せきベーコン」にあうパン作りレシピ

今回のリンベルスタッフブログでは、「おいしいかわいいちいさいパン」「前の日5分→朝10分で焼きたて!簡単もちもちスティックパン」「ただ材料を混ぜるだけ、発酵は冷蔵庫におまかせ!簡単もちふわドデカパン」など、数々のパンのレシピブックを執筆されるだけでなく、パン作りの魅力を伝えるために、自ら開いたお教室も大人気という、吉永麻衣子さんに、リンベルの「山形の極み 無塩せきベーコン」を召し上がっていただき、その味わいにあったパン作りレシピを教えていただきました。

------------------------------------------------------------------------

こんにちは。

パン教室講師の吉永麻衣子です!

普段から、せっかく手作りするんだから安心でおいしい材料を選びたい!そう思って材料を探しています。

そんな時に教えていただいたカタログギフトリンベルの山形の極みベーコン。

こちらを使ってサンドイッチを作ってみました。

 

ハムやソーセージ、ベーコンといった加工肉。おいしいし、パンには欠かせないのですが、どうしても食品添加物が入るのが気になります。

でもこちらのベーコンは入っていないんだそう。

 

サンドイッチにするために火を通したベーコン。

カリジュワッ

とおいしそうな顔をしているので、

ついついそのままつまみ食い・・

 

おいしーい!!

なんとジューシーなんでしょうか。

 

なるほど、これがこだわり素材SPF認定農場「最上川ファーム」の庄内SPF豚肉の実力!!

 

そのままつまんでなくなってしまいそうでしたが、

そうそう私はサンドイッチにしようと思ったのよ!!

 

とこちらを作りました。

f:id:neko_pa:20160813123032j:plain

お手製ドデカパンに、

ルッコラ、ホワイトマッシュルームスライスを乗せ、塩コショウと少しのオリーブオイル。

そこにカリカリに焼いたベーコン。

f:id:neko_pa:20160813123210j:plain

 

なんと贅沢~!

 

これらを挟んでカットしていただきました。

f:id:neko_pa:20160813123332j:plain

間違いないおいしさです。

今回はパンも手作りで作りましたが、

パンまで作れない!という方はお近くのパン屋さんでバゲットかあればチャパタがおいしいと思います。

リッチでふわふわ甘いパンよりも、リーンで噛めば噛むほどおいしい生地のパンがおすすめです!

 

せっかくなので今回のサンドイッチに使った自家製ドデカパンのレシピも書いておきますね。

 

◆山形の極みベーコンを使ったサンドイッチのためのドデカパン◆

【材料】大人2名分

国産強力粉 180g

塩 3g

インスタントドライイースト 3g

フライドオニオン 大さじ2杯

水 150g

【作り方】

  • 保存容器(できれば直径20センチ弱程度の長方形のもの)に粉、塩、イースト、フライドオニオンを入れスプーンでひと混ぜ。どこへ水の8割を入れてスプーンで混ぜる。
  • 塊になってきたら残りの水を粉っぽいところに向かって入れ、さらに混ぜる。
  • ふたを閉めて冷蔵庫で8時間。※3日以内に使えばOK
  • 冷蔵庫から出し、粉を振ってカードや包丁で保存容器の壁を触り、生地を出しやすくする。オーブンシートに生地を出し、三つ折りにする。
  • オーブントースター1200wで15分焼く。オーブンであれば200度に予熱し、17分程度です。

 f:id:neko_pa:20160813123401j:plain

 

丁寧においしいものを作る、なんだかパン作りに通じるところがあり、

一気に大ファンになってしまいました。

 

このベーコンも本来の素材のおいしさを引き出すために低温の熟成庫でじっくり熟成をさせるそう。伝統のレンガ造り直火式窯でじっくりと燻製・・なんて聞いたらもう山形へ行って作っているところ見たくなってしまいます!

 

なんでも簡単に手に入る時代に、こうして手間のかかることをしてくださっていることに感謝します!

 

本当においしかったです。

------------------------------------------------------------------------

わー、これはぜひ試してみたいレシピですね。。

いただいたコメントのなかに

「リッチでふわふわ甘いパンよりも、リーンで噛めば噛むほどおいしい生地のパンがおすすめです!」とありましたが、みなさんご存知でしたか?

私は、恥ずかしながらわからなかったんで調べてみたのですが「リーン」とはパンのタイプを表す言葉、バゲットやライ麦パンなどシンプルな素材で作られたパンをさすそうです。反対語は、卵やバター牛乳などをふんだんに使った「リッチ」なパン。

確かに、この「山形の極み 無塩せきベーコン」は噛むたびにうま味があふれだすので、「リーン」なパンにぴったりかも。

また、今回「カリカリに焼いたベーコンを挟んで」というサンドイッチでしたが、このカリカリに焼き上げることができるというのは、実はこの「山形の極み 無塩せきベーコン」の一つの特徴なんです。

ベーコンをカリカリに焼こうと思ってにフライパンで火を通し続けたら、カリカリではなくシワシワに縮んでしまったという経験ってありませんか?

カリカリに焼きあがるベーコンと、シワシワに縮んでしまうベーコンの差は、前者は製造の際に、素材の肉そのものを燻製して味を凝縮していく本物のベーコンの作り方で生まれたもの。

後者は燻製などで味を凝縮すると、肉の目方(重量)が減ってしまうため原料の肉にインジェクションといって、水あめ状の調味液などを注入し、水増しした状態から作られたものです。

だから前者はフライパンで焼き上げると、肉からは油だけが落ちていきカリカリに仕上がるのですが、後者は油と一緒にインジェクションで注入された水分が抜けるためシワシワになってしまうのです。

ここで何が言いたかったかというとカリカリに焼きあがる「山形の極み 無塩せきベーコン」は水増しなんてとんでもない、無添加・無塩せきにこだわった本物のベーコンだということ。

そのベーコンづくりのこだわりについても掲載した、商品紹介ページはこちらからご覧いただけます。

ぜひ、一度その、こだわりの本物の味をお確かめください。

 

<吉永麻衣子さんプロフィール>

f:id:neko_pa:20160813123921j:plain

吉永麻衣子 

パン教室・食育教室 講師

一般企業に勤務後パンの勉強をし、大手パン教室の立上げやカフェのキッチン、専門学校講師を経験。

現在は横浜にてパン教室を主催する他、カフェや地域の福祉施設にて出張レッスンを実施。
企業向けレシピ開発、撮影にも携わる。

『おいしいかわいいちいさいパン』マリン企画、『前の日5分→朝10分で焼きたて!簡単もちもちスティックパン』新潮社、

『ただ材料を混ぜるだけ、発酵は冷蔵庫におまかせ!簡単もちふわドデカパン』新潮社

「山形の極み 厳選つや姫」試食レポート

今回のスタッフブログでは、管理栄養士の川口由美子さんに、「山形の極み 厳選つや姫」をご試食いただきました。育ち盛りのお子さんがいるお母さま、そして管理栄養士さんならでは、かもしれません。ぜひ参考にしてみてください。

------------------------------------

こんにちは。管理栄養士、幼児食アドバイザーの川口由美子です。
突然ですが、皆さんは「オヤツ」というと、何を想像しますか?

我が家の娘なら「おにぎり!」と答えます。ちょっと変ですが、これが我が家流。

f:id:blogscout:20160822111913j:plain

成長期の子どもにとっては、1日3回の食事だけではエネルギーが足りないこともありますので、オヤツの時間に適度な糖質をとるために、我が家のオヤツはおにぎりであることが多いのです。
具はしらすや梅干し…などなど簡単なものを。おにぎりは具を工夫できるので、マンネリ化も防げるのがいいですよね。
ちょっと食欲がなかったり、時間がなかったりする朝にも、おにぎりなら簡単にエネルギー補給ができます。
さて、そんなおにぎりですが、どんなお米が適しているかご存知ですか?

それが・・・今回ご紹介する「厳選つや姫」!
つや姫がおにぎりに最適な理由は、「冷めても続く旨みと甘味」なのですが、中でもこの「厳選 つや姫」はこの白銀のパッケージが表現しているように、美味しさがプラチナ級!

f:id:blogscout:20160822112234j:plain

お米に含まれるたんぱく質が乾物換算6.7%以下、という厳しい基準なのだそうです。通常の山形県基準は7.5%以下なので、そのままでも美味しいつや姫からさらに厳選されているとはすばらしいですよね。

お米のたんぱく質は高いと旨みが少なくなり、粘りも抑制されてしまうことから、低いほうが良いとされていますので、通常より低い基準で作られている「厳選 つや姫」は、本当に美味しいものだけが厳選されているのだとわかりますね。

そして、つや姫はその名のとおり、炊きたてのお米がつやつや!
あまりにお米がキレイなので、あえて食卓にお釜をドン!とおいてみました。

f:id:blogscout:20160822112310j:plain

お釜を囲んで、子どもたちが今日あった楽しいことを報告!

「このお米って特別栽培米なのよ。選ばれた農家さんが作ったものってことなの。ランクが特Aっていうらしいわ」

f:id:blogscout:20160822112333j:plain

「へー。ほんとにおいしいね!ごはんの味がしっかりしてる!明日のお弁当もこれがいいな」

日本の食卓って本来、こんなだったのですよね。お米を中心に、食欲も会話も弾みます。
そうです。ごはんは食卓の主役なのです。

f:id:blogscout:20160822112404j:plain

ごちそうにもなる、食卓の主役「ごはん」! もう一度見直してみませんか? 
つや姫は、ごはんの旨みと甘味がわかる日本人の良さを、きっと再確認していただけますよ。

f:id:blogscout:20160822112455j:plain

------------------------------------

いかがでしたか? おやつに“おにぎり”。ちょっと意外な感じもしますね。とびきりおいしい「つや姫」を味わいながら親子で会話する時間は、こころと体の健康に、かけがえのないものになりそうですね!

「山形の極み つや姫・厳選つや姫」のお申し込みはこちら。

川口由美子

f:id:blogscout:20160822112716j:plain

(一社)日本母子栄養協会 代表 / 幼児食アドバイザー/母子栄養指導士
離乳食や幼児食の本や雑誌を書いています。管理栄養士としてだけではなく、一男一女の母として子育て経験談も交えて、家庭の食事について伝えています。著書に『フリージング幼児食 1歳半~5歳 -1週間分作りおき!』(大泉書店)他

「日本の極み 鯖缶セット」試食レポート

今回のスタッフブログでは、フードライター&栄養士の藤岡智子さんに、「日本の極み 鯖缶セット」をご試食いただきました。5種類の味の鯖缶を、藤岡さんはどのように楽しんだのでしょうか?それぞれの違いにご注目ください!
------------------------------------

カタログギフトを手にすると、どきどきワクワクしますね。「リンベル」はそんなカタログギフトのパイオニア、選りすぐりの商品がそろっています。食卓を豊かに彩る味わいの中から、今回は「日本の極み 鯖缶セット」を試食させていただきました。

f:id:blogscout:20160819121047j:plain
包装紙を開けると、しっかりした造りの木箱が現れました。中には、鯖缶が5つ入っています。光沢のあるラベルに“鯖”の文字がくっきり。「日本の極み」の文字は金色で、大人のための鯖缶、という感じです。大切な方へ贈り物にもふさわしいと感じました。

f:id:blogscout:20160819121136j:plain

ラベルには、「鯖街道からの贈り物」とも書いてあります。f:id:blogscout:20160819121212j:plain

鯖街道は、福井県の若狭から京都へ至る道。いろんな物資、文化が運ばれたそうです。福井県で製造されている鯖缶というところにも趣がありますね。

缶を手にとると、予想以上に大きく、食べごたえがありそうです。ラベルをよく見ると、カロリー表示とともに、不飽和脂肪酸であるEPAとDHAの量も表示されています。鯖にはこの2つの成分が豊富。EPAとDHAは血栓予防や脳の働きを活発にする効果が期待されます。
f:id:blogscout:20160819121256j:plain

5種類の鯖缶を、食べ比べてみます。味のバリエーションがあるのは楽しいですね。開けてみると、缶の大きさにぴったり、見事な大きさの鯖が入っています。f:id:blogscout:20160819121410j:plain

まずは、生姜煮缶から。鯖と相性抜群の生姜の味が程よく感じられ、鯖の旨みを引き立てています。ごはんによく合う味わいです。f:id:blogscout:20160819121430j:plain

次に、水煮をいただきます。鯖を福井県小浜市産の塩「海のシルクロード」で煮たもの。いろんなお料理に利用しやすい、シンプルな味つけです。サラダ仕立てにしてみました。ドレッシングを使わなくても、鯖と野菜がお互いの味を引き立てあって、おいしくいただけます。f:id:blogscout:20160819121537j:plain

鯖の味つけ缶、唐辛子入りをいただきました。「唐辛子入りって?」と、未知なるテイストに興味しんしん。開けると、唐辛子がそのまま入っており、ピリ辛がクセになる味。f:id:blogscout:20160819121613j:plain

ごはんはもちろん、お酒の肴にぴったりです。そのほかの種類との味の違いを、じっくり確かめてみても。おもてなしの際の話題にしても盛り上がりそうですね。f:id:blogscout:20160819121638j:plain

醤油煮、味噌煮は、和風テイストを堪能できる、幅広い年齢層の方に好まれる味つけです。f:id:blogscout:20160819121707j:plain

「若狭五徳みそ」を使った味噌煮は、野菜と一緒に炒めると、深い味わいに。季節の野菜を塩・こしょうを少々加え炒め、鯖缶を汁ごと加えます。味噌のコクのある風味が野菜になじみ、おいしくいただけます。f:id:blogscout:20160819121733j:plain

鯖缶は、長期保存もできるのがいいですね。ストックしておくと、普段の食事、おもてなしなど何かと便利で、とっても心強い、と思いました。
いままでの鯖缶のイメージを変えるのが、この「日本の極み 鯖缶セット」です。新鮮な鯖を使った、しみじみおいしい鯖缶、ぜひお試しくださいね。

f:id:blogscout:20160819121813j:plain

------------------------------------
いかがでしたか?“いままでの鯖缶のイメージを変える”という藤岡さん。そのままはもちろん、サラダ仕立てにしたり、野菜とあわせて炒めたり、味によって色々な食べ方ができるので、どんな人にも喜んでいただけること間違いなしです!

「日本の極み 鯖缶セット」のお申し込みはこちら。

藤岡智子

f:id:blogscout:20161031111937j:plain

フードライター&栄養士。情報誌、グルメ雑誌のライターとしてレストラン、カフェなど500店舗以上の飲食店取材を経験。栄養士の資格を生かし、食育・栄養関連の記事の執筆、レシピ提案・調理などもおこなっている。

 

「東の麓酒造 純米大吟醸雫酒 龍龍龍龍」試飲レポート

今回のスタッフブログでは、グルメライターの猫田しげるさんに、「東の麓酒造 純米大吟醸雫酒 龍龍龍龍」をご試飲いただきました。日本酒はたしなむ程度という猫田さんのレポートは、普段あまり日本酒を飲まれない方にも参考になりそうですよ!

------------------------------------

近年は日本酒ブームと言われ、女性も飲みやすい日本酒や、日本酒に合う料理を揃えるおしゃれなお店も増えてきました。実は私も最近日本酒デビューしたと言ってもいいほどの後発組。美味しい日本酒を探してみるものの、蔵元も銘柄もあまたの数があって、何を選んでいいのか分かりません。そんなときに飲む機会をいただいたのが、こちらのお酒。

f:id:blogscout:20160818145109j:plain

「龍龍龍龍」。なんと読むか分かりますか?
なんとこれで「てつ」。龍が四つ組み合わされたこの1文字で「てつ」と読み、当て字ではなく、広辞苑にも載っているそうです。漢字の中で最も画数が多いとか。

その勇ましい字面に反し、意味は「おしゃべり」。龍が4匹集まっておしゃべりするとは、なんだか微笑ましいですね。
「龍」の字は、7歳の子どもが筆書きしたのだとか。この商品の背景にある、人の手のぬくもりやお酒を飲む空間を楽しくしたいという思いが伝わってくるようです。

パッケージは木箱入りでワインのよう。白く美しい瓶のデザインも高級感があります。f:id:blogscout:20160818145047j:plain

 さて。蓋を開けると、それだけでもう芳醇な香りが鼻をくすぐりました。お酒そのものの匂い、というより、酒蔵を訪れたときに嗅ぐような、発酵されたお米と麹が醸すフルーティーな吟香です。
f:id:blogscout:20160818145048j:plain

よく冷やした酒器に注ぎます。水色はほんの少し黄色味をおびています。

f:id:blogscout:20160818145057j:plain

 指についたお酒を口にしてみました。ほんの一滴だけなのに、ハッとするほど鮮烈な味が口に広がりました。濃くて、旨い。このお酒は日本酒度が+2なのでやや辛口なのですが、柔らかくふくよかな口当たりです。それは、幻の米と言われる「ASK愛山」を100%使っているから生み出される風味なんです。

お酒好きに聞くと、「愛山100%なんて垂涎モノ!」だそう。ASK愛山は兵庫県三木市吉川町で栽培されている作付面積が少ない希少な酒米で、米の中心部である心白という部分が大きいのが特徴。そのため雑味がなくすっきりとしたお酒ができるのだそうです。

f:id:blogscout:20160818145059j:plain

「てつ」はこのASK愛山の心白を最大限まで残した40%の歩合で精米し、床揉みなどの工程を経て、木製の麹蓋を使う「蓋麹」という昔ながらの製法で製麹します。そして醸し上げたもろみを木綿の酒袋に詰め、吊して酒を絞り上げます。
自然の重力だけで、ポタポタと一滴ずつ落ちてくるお酒を集める「雫どり」という気の遠くなるような作業で造られたお酒、それが「てつ」なのです。

クイッと飲んでみました。舌にダイレクトに辛みが来ます。強い醸造香が鼻を抜け、その後にグンと厚みのある米の甘み。
お米がどのように磨かれ、麹となり、大事に発酵されたか……。その仕込み過程を舌でたどれるほど、一口すべてに手間が凝縮されたような、濃度の高いお酒です。
喉を通るときに、キリリと爽快感のある刺激を感じ、飲んだあともしばらく余韻が続きます。

f:id:blogscout:20160818145101j:plain

余談ですが、日本酒好きの父がよく言っていました。「大吟醸は後味が強すぎて料理と合わない」と。でもこれは、食前酒にして、山菜のあえ物など酒肴と食べても素材の味を邪魔しない。そして一番合うと思ったのは、炊きたてのご飯。「てつ」の米特有の甘みの相乗効果で、ご飯の甘みも増すようです。

「ご飯が進む日本酒」と言ったら専門家に笑われるでしょうか。でも純米大吟醸についての先入観がない私としては、「てつ」は雑味がなく澄んだ味なので、料理に合わせやすいと感じました。このあとパスタとも一緒に楽しみましたが、ワインのように食中酒としてスイスイ飲めました。

f:id:blogscout:20160818145106j:plain

これまで日本酒で晩酌する、という習慣は全くありませんでした。お店で勧められて飲んだり、ビールの合間に嗜む程度。ですが、これは何にでも合うので食事の時間が楽しくなります。
「てつ」が冷蔵庫に入っていると思うと、家に帰るのが楽しみになります。今日はペペロンチーノと一緒に味わおうかな、焼き秋刀魚にしようかな、意外と麻婆豆腐にも合いそう……などと、考えている間さえ口が「てつ」の味になります(笑)。

 父の誕生日にいつも何を贈るか迷うのですが、ちょっと奮発して「てつ」にしようと思いました。「料理に合う大吟醸があるでしょ!」とドヤ顔するのが楽しみです。

f:id:blogscout:20160818145107j:plain

------------------------------------

いかがでしたか?日本酒に先入観がない猫田さんだからこそ、手間ひまをかけたこだわりや味わいがストレートに響いたのかもしれません。ぜひ日本酒好きのお父様と、その名の通り親子の会話を楽しみながら味わっていただきたいですね!

「東の麓酒造 純米大吟醸雫酒 龍龍龍龍」のお申し込みはこちら。

猫田しげる

f:id:blogscout:20160719195837j:plain

食関係の編集ライター。タウン誌、グルメ情報誌、レシピ本、新聞の地域情報版などの媒体で15年以上取材執筆。美味しいものからちょっと変わったものまで、食に関するあらゆることを愛し、日々発信中。

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度