RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

フランスのパンづくりの主流 「オートリーズ法」と「低温長時間発酵法」

今回のスタッフブログでは、「日本の極み 太陽王の食パン」を焼き上げる、ダロワイヨさんから取材で伺った、フランスのパン作りの方法についてのお話をご紹介します。

f:id:ringbell_blog:20170406101120j:plain

水を一切使わず、国産の発酵バターと乳脂肪分47%以上の北海道産生クリームなど、
こだわり素材から生まれる、ふわっふわの絶品の味わい「日本の極み 太陽王の食パン」は、フランス仕込みの「オートリーズ法」と「低温長時間発酵法(=低温熟成)」でつくられています。

f:id:ringbell_blog:20170406100515j:plain

オートリーズ法とは、小麦粉と水分を数分混ぜ合わせ、30分程度放っておいてから、再びミキシングし、残りの材料を練り込む方法です。フランスでは100年以上前から伝わる製法で、小麦粉が持つ力を先に引き出す効果があります。

特に生地中の酵素が働いて質の強いグルテンをつくることができ、生地が落ち着くので成形しやすくなるとともに、釜伸びが大きいので火の通りがよくなり、風味豊かなパンとなります。

f:id:ringbell_blog:20170406100555j:plain

低温長時間発酵法とは「オーバーナイト法」とも呼ばれ、ミキシングのあと、生地を一晩寝かせておく製法です。

この製法により、さらにグルテンがしっかりとつくられ、パン生地の吸水率をあげることができ、外側がクリスピーで、中がしっとりしたおいしいパンになります。

f:id:ringbell_blog:20170406100333j:plain

フランスの個人経営のパン屋さんでは、オートリーズ法と低温長時間発酵法によるパンづくりが主流です。

その理由は、ふたつともミキシング時間を短縮でき、電気代を節約でき、労力が少なくて済むという利点があるから。その上、おいしいパンができあがるだなんて、ちょっと魔法のような話ですね。

f:id:ringbell_blog:20170406100937j:plain

そんなフランス流の製法で、名店ダロワイヨが厳選素材で焼き上げた「極み」の食パン、「太陽王の食パン」。お届けは期間、数量も限られますが、ぜひその、こだわりの味わいをお確かめください。

日本の極み「太陽王の食パン」について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

ダロワイヨの世界進出1号店は、なんと日本のあの街だった!

今回のスタッフブログは、リンベルとのコラボで

「日本の極み」として「太陽王の食パン」をリリースする、

名店ダロワイヨさんについてうんちくをひとつご紹介いたします。

 

f:id:ringbell_blog:20170406093752j:plain

ダロワイヨはパリを本拠地とした高級食材を扱う老舗ですが、その歴史は1682年のヴェルサイユ宮殿までさかのぼります。

フランス貴族のコンデ公に仕えていたシャルル・ダロワイヨは、レセプションで供したパンが認められ、ルイ14世に招かれます。

その後、ダロワイヨ家は4世代にわたり、当時のフランス最高の美食の称号「Officier de bouche(食膳係)」として、ヴェルサイユ宮殿の食膳を担いました。

時を経て、1802年、シャルルの子孫であるジャン・バティスト・ダロワイヨが、パリに「メゾン・ド・ガストロノミー(美食の館) ダロワイヨ」を創業しました。初の海外進出先はなんと日本!

1982年、自由が丘に1号店が、89年には銀座本店がオープンしています。

f:id:ringbell_blog:20170406094952j:plain

ダロワイヨ銀座本店

当時はフランスの食ブランドにスポットが当たり始めた時代で、ルノートルやフォッションが同時期に開店し、注目を浴びました。

ダロワイヨのパンは「フランス菓子のダロワイヨが出すパン」であり、バターや乳製品など豊富に使用したお菓子屋さんのパンでした。

柔らかくてふっくらして甘いパンが好まれていた日本において、バゲッドやクロワッサン、ヴィエノワズリー(菓子パン)というフランス本場の味や香り、歯ごたえは、一度食べた人をとりこにし、次第に浸透していったのです。

そんな、日本のパン食文化に大きな影響を与えたダロワイヨとリンベルのコラボで生まれた、贅沢尽くしの食パンの極みが、「太陽王の食パン」。

水を一切使わずこだわり素材で焼き上げ、月にわずか3回の少量限定生産。

しかも1回あたり10点限定でしか生産しないという、至高の味わいを、ぜひお確かめください。

 

日本の極み「太陽王の食パン」について、詳しくはこちらをご覧ください。

 

料理家 綾夏さん 「日本の極み 太陽王の食パン」試食レポ

 

今回は、ヨーロッパの食文化にも精通する料理家 綾夏さんに、月にわずか30本しかお届けできない、ダロワイヨとのコラボで生まれた極みの味わい、その名も「太陽王の食パン」を試食していただきました。

綾夏さんならではのレシピもご紹介いただいたので必見です。

------------------------------------

 

こんにちは。料理家の綾夏です!

マカロンやスイーツで高い人気を誇る「ダロワイヨ」とリンベルのコラボで生まれた、特製の「パン・ド・ミ ロア」

フランス直伝の美味しいパンづくりを、今に伝えるダロワイヨのパン職人手によって、リンベルさまだけで販売するために完成した、まさに「極み」の食パンを試食させていただきました。

 

私が最初にびっくりしたのは、月限定30本という希少性!
またその日に焼いて、その日の内にお家に届けてくれるとお伺いしていたので、届く日は朝から心待ちにしていました!特別感があって嬉しいですよね!!

f:id:neko_pa:20170418025324p:plain

まずは届いた時の感想ですが、3斤分もあるので迫力がすごいです!!

 

f:id:neko_pa:20170418025434p:plain

 

青い箱を開けた瞬間に、ふわっと、バターの香ばしい香りがキッチン中に広がりました。

食パンにナイフを入れるとふわふわとしていて、パンの耳まで柔らかい!

 

「日本の極み 太陽王の食パン」は、フランス仕込みの「オートリーズ法」と「低温長時間発酵法(=低温熟成)」で作られているそうです。

f:id:neko_pa:20170418025520p:plain

 

 まず最初は何も付けずに、そのままいただきました!

「美味しい・・・。」ふわっふわでもっちり・しっとりとして後引く美味しさ!!

鼻に抜けるバターの香りがたまりません!

 

こちらの食パンの特徴は水を一切使わず、国産の発酵バターと乳脂肪分47%以上の北海道産生クリームを使っており、こだわり抜いた素材だけを使って焼き上げているそうです。

f:id:neko_pa:20170418025613p:plain

次はシンプルにバタートースト。
ただトーストしただけなのに、香ばしさが倍増!

食べた後もバターの味がしっかり口に残ります。
朝起きて、こんなトーストが毎日お家で食べれたら嬉しいなぁ。。

と切実に思ってしまいました。

 

次はスイーツパンとおかずパンを作ってみました!

食パンを贅沢に使った「いちごのコンポートとマスカルポーネチーズのくり抜きパン」

 

f:id:neko_pa:20170418025728p:plain

まずは食パンの中身をくり抜きます。
くり抜いたパンはフライパンでカリカリに焼いていちごのコンポート、マスカルポーネチーズ、チョコレートなど好きなものを沢山入れてオーブンで焼き上げました!

家族みんなで朝ごはんに美味しくいただきました。

自分の好きなものを沢山詰め込んでオーブンに入れるだけ!
お腹いっぱい美味しい食パンを贅沢に食べれるのも嬉しいですよね。

 

 

f:id:neko_pa:20170418030025p:plain

 

 中身はこんな感じです。見た目の迫力がすごいですよね!!

ぜひ皆さまも好きなものを色々詰めてみませんか?

 

そして続いては「スモークチキンとルッコラのサンドイッチ」

f:id:neko_pa:20170418030124p:plain

こちらはスモークチキンやルッコラ、カッテージチーズ・ハニーマスタードを挟んだボリューミーなサンドイッチ。バターの香りを楽しむためにバターは塗らずに作ってみました。

 

野菜やお肉との相性がバッチリ!塩気もちょうど良いのでとても使いやすい食パンだなと感じました。

 

欲張りすぎて、少し厚めのサンドイッチになってしまいましたが、、、。

自分好みの厚さに食パンをカットできるのも嬉しいですよね。

 これだけ食パンが大きいと色々試せますよね!

 

食パンはいろんなアレンジが出来るので、

大切な人への贈り物として間違いなく嬉しい商品だと思います!

また自分へのご褒美にもいかがですか?

 

ダロワイヨ本店でも販売していない、贅沢な食パンを

この機会にぜひお試しくださいませ!

 

------------------------------------

綾夏さんにもご満足いただいた、このパン。
ホントに一度食べたら忘れられない味なんです。
綾夏さんにも素敵なレシピをご紹介いただきましたが、

実はダロワイヨさんに取材に伺ったとき、

ブーランジェ(パン職人)から教わったのですが、

アイスクリームを乗せて食べると抜群!
期間限定・生産数も限られてしまうのですが、ぜひ一度お召し上がりください!

「日本の極み 太陽王の食パン」

 

【プロフィール】

f:id:neko_pa:20170418031124j:plain

料理家 綾夏

ヴァイオリンを学ぶため15歳で単身渡英。多彩なヨーロッパの食文化に触れたことで、食の楽しさに開眼。4年間をロンドンで過ごす。帰国後はフードコーディネーターSHIORI氏、フードデザイナー小沢朋子氏(モコメシ)のアシスタント経て独立。現在、料理教室の講師を務めるかたわら、個展のオープニングパーティやホームパーティなどのケータリング業も行う。メディア向けのレシピ考案などで幅広く活躍中。

2016年より料理教室「AyakaCooks」主宰。

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度