RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

管理栄養士&幼児食アドバイザー・川口由美子さん「日本の極み 朝のジュース」 試飲レポート

管理栄養士で幼児食アドバイザーでもある川口由美子さんに、「日本の極み 朝のジュース」を試飲していただきました。100%果汁のジュースにも、違いがあることをご存じでしたか? 違いもあわせてご紹介します。さっそくご覧ください!

------------------------------------

こんにちは。管理栄養士の川口です。
さて、皆さんは朝にどんなものを食べていますか

毎朝、健康的な朝ごはんを食べたいものですが、なかなか時間がなかったりして難しいこともありますよね。

私はいつも、「時間がなければせめて100%のジュースを!」と伝えています。
もちろん本来なら果物をむいてほしいというのが理想なのですが、それも難しければジュースで補ってほしいのです。

とはいえ100%ジュースといっても、なかなか安心して飲めるものは少ないので、何を選んでいいのか迷ってしまいますよね。

そこで、今回ご紹介するのが、「日本の極み 朝のジュース」です。

f:id:blogscout:20180829155433j:plain

その名も「朝のジュース」!
先ほどもお伝えしたように、果物の代わりとして朝にぜひ飲んでほしいので、素晴らしいネーミングですね。「朝の温州みかん」と「朝の伊予柑」の2種類が瓶に入っています。

f:id:blogscout:20180829155511j:plain

朝日を浴びるときらきら光ってみえます。保存料や香料を使っていない、果物を搾っただけの100%果汁は、こんなに美しい色をしているものなのですね!

実は100%果汁といっても、一般的に売られているものは濃縮還元といって、果汁に熱を加えて濃縮してから、薄めて作られているものが多いのです。
いっぽう、そのままのストレート果汁は熱を加えないので、からだの代謝に必要な消化酵素をとることができるのが大きな利点です。

朝に飲むジュースから元気な1日がはじまるのなら、やっぱりストレートな果汁100%のものを選びたいですね。さて飲んでみましょう!

f:id:blogscout:20180829155611j:plain

さわやかな甘みと酸味でとっても飲みやすいです! 
簡単に栄養がとれて、そのうえおいしいなんてうれしいですね。

柑橘系が大好きだけど、真夏だったのでなかなかみかんなどが食べられず、元気がなかった息子も「みかんを食べているみたい!」と大喜び。

f:id:blogscout:20180829155625j:plain

よかったね!

「朝の温州みかん」、「朝の伊予柑」、どちらも除草剤を使用せず、農薬や化学飼料を使わずに育てたのだそう。安心して子どもにも飲ませられるのがうれしい点です。
ジュースは子どもによくない という方もいますが、ストレートな果汁100%なら果物代わりとして飲ませてあげたいですね。

みなさまも、安全でおいしいストレート果汁の「朝のジュース」をお試しください!

------------------------------------

いかがでしたか? 果物を食べているかのような朝のジュース。お子さんにはもちろん、大人の方にもおすすめです。ぜひ「日本の極み 朝のジュース」で、朝の100%ジュース習慣、はじめてみてはいかがでしょうか? 

「日本の極み 朝のジュース」お申し込みはこちらから。

 

川口由美子

f:id:blogscout:20160822112716j:plain

(一社)日本母子栄養協会 代表/幼児食アドバイザー/母子栄養指導士
離乳食や幼児食の本や雑誌を書いています。管理栄養士としてだけではなく、一男一女の母として子育て経験談も交えて、家庭の食事について伝えています。著書に『フリージング幼児食 1歳半~5歳 -1週間分作りおき!』(大泉書店)他

グルメライター・猫田しげるさん「日本の極み 山梨県大藤産 桃(金秀)」試食レポート

グルメライターの猫田しげるさんに、今回試食いただいたのは、「日本の極み 山梨県大藤産 桃(金秀)」です。桃をはじめとする、数々の果物の名産地である山梨県からお届けする“日本の極み”のすばらしさ、たっぷりレポートしていただきました!

------------------------------------

突然ですが、私は北海道出身なのであまりおいしい桃を食べたことがありません。だからといってメロンばかり食べていたわけではありませんが、北海道で育てられている桃は「白鳳」「あかつき」といった品種ぐらいで、あまり力を入れて生産はしていないようです。

そんな私ですが、人生で一番といっていいほどの桃に出会いました。
それはなんと、発生率1%の希少な「金秀」という品種。桃の名産地・山梨でも、特に甘い桃が育つといわれる標高400~600mの大藤地区で育てられ、その糖度はなんと15度以上。この地では日川白鳳や浅間白桃、川中島白桃など多くの品種が栽培されていますが、まさに「金」の付く名に恥じぬクオリティの桃です。

f:id:blogscout:20180829170615j:plain

長い説明は抜きにして、その味をレポートしましょう。女子受けしそうなかわいいデザインの箱に入っています。開ける前からテンションが上がりますね。

f:id:blogscout:20180829170625j:plain

開けてみると……なんと鮮やかなピンク色!!
桃色って本当に桃から来ているんですね(当たり前か)。限りなく赤に近いピンクです。

f:id:blogscout:20180829170640j:plain

切ってみましょう。
実は私、桃を切るのがとても苦手なのですが、この桃は果肉がしっかりしているので切りやすいです。以前レポートしたことのある岡山県一宮産の「清水白桃」は、とろけそうな柔らかさだったので今回も身構えていたのですが、「金秀」はスムーズにカッティングできて安心しました。

f:id:blogscout:20180829170704j:plain

果肉もピンク色です! 透明感がある乳白色に、ピンク色のサシ(という表現でいいのでしょうか)が入っていて、蜜をたっぷり含んでいるのが見て分かります。

f:id:blogscout:20180829170715j:plain

見てください。フォークを刺したときに、ジュワっと音が出そうなほどの勢いで果汁が溢れてきました。

f:id:blogscout:20180829170724j:plain

食べてみますと、かつてない甘さの桃です。しかも甘いだけでなく、ほのかな酸味もあります。
シャクシャクとした歯応え、フルーティーな香り……、果実ひとつでこんなにドラマチックな味や食感が楽しめるなんて、さすが「金」の「秀」です。

桃はよく冷やしていただくのがおすすめですが、この金秀は特にキンキンに冷やすとまた格別です。より味わいがシャープになって、ジューシー感が増すようです。

f:id:blogscout:20180829171443j:plain

ちなみにこの桃、全部いただいてみましたが、6個全て完璧な甘さで、まったくバラつきがありませんでした。さすが、一流の生産地ならではのクオリティコントロールです。
贈り物で心配なのが「甘くないものが混じっていたらどうしよう」ということですが、これなら自信を持ってプレゼントに使えますね。

f:id:blogscout:20180829170810j:plain

おそらく北海道ではこんなプレミアムな桃が食べられないので、旬の時期に実家の両親に贈ってみたいと思います。「メロンの上を行く果物があったなんて!」と驚かれるに違いありません。

------------------------------------

いかがでしたか? 金秀の名にふさわしい色鮮やかさ、写真からも間違いないおいしさが伝わってくるようです。山梨県産の桃を贈るときは、ぜひこの金秀を検討してみてくださいね!

「日本の極み 山梨県大藤産 桃(金秀)」詳しくはこちらから。

 

猫田しげる

f:id:blogscout:20160719195837j:plain

食関係の編集ライター。タウン誌、グルメ情報誌、レシピ本、新聞の地域情報版などの媒体で15年以上取材執筆。美味しいものからちょっと変わったものまで、食に関するあらゆることを愛し、日々発信中。

フードライター&栄養士・藤岡智子さん「日本の極み 北海道夕張郡栗山町産 日原メロン」試食レポート

フードライターで栄養士でもある藤岡さんに、今回試食いただいたのは「日本の極み 北海道夕張郡栗山町産 日原メロン」です。栗山町から直接届いた、見事なメロンのレポートをぜひ最後までご覧ください!

------------------------------------

メロンは、フルーツの中でも、特別感のある存在。贅沢なフルーツの代表格とも言えますね。
この度は、北海道夕張郡栗山産の「日原メロン」を試食させていただきます。夕張と言えば、メロンの産地として、あまりにも有名です。

f:id:blogscout:20180816145352j:plain

その夕張から届いたボックスは、メロンのイメージそのもの。そして、フタを開けると、ツルがついた絵に描いたような見事なメロンが現れました。見ているだけでワクワクします。

f:id:blogscout:20180816145326j:plain

f:id:blogscout:20180816145423j:plain

カットすると、きれいなオレンジ色です。

f:id:blogscout:20180816145516j:plain

実は、メロンはとても品種が多いフルーツで、網目と、中の果肉の色によって分類されています。日原メロンには、キング種系とレッド種系があるそうで、私がいただいたのは8月中旬までに発送されるキング種系。どちらもオレンジの果肉だとか。

f:id:blogscout:20180816145529j:plain

切っただけで芳醇な香りが感じられます。何でも、畑でギリギリまで熟すのを待ち、直送しているとか。農園のある地域は、火山灰地で昼夜の寒暖差が激しく、その分、糖分が蓄積して甘いメロンに仕上がっているそうです。

やわらかな果肉はスプーンですくいやすく、口に入れるととろけるような食感。みずみずしさをともなった甘さがなんとも言えません。シューシーで深い味わいの日原メロンは、皮の近くまで食べられるとか。メロンを食べる醍醐味を存分に楽しめます。

f:id:blogscout:20180816145545j:plain

果肉の色が濃いオレンジ色のメロンは、特にβカロテンが多く、老化防止、アンチエイジングにも役立ちます。また、余分なナトリウムを体の外に出す働きをするカリウムが豊富。カリウムはスイカの3倍とも言われています。

生ハムと一緒にいただいてみましょう。
オードブルとしても、お酒のおともにもぴったりです。メロンのまろやかでさわやかな味がハムの塩味とよく合います。メロンの甘さがより引き立つ感じです。

メロンには、細胞の生成や再生を助ける成分が豊富。葉酸は、アルコールを飲むと失われるので、お酒を飲む際には食べたいフルーツです。

f:id:blogscout:20180816145645j:plain

フルーツの王様でありながらも、他の食材とも相性がよく、ブルーベリーなどと取り合わせても、ゴージャスなデザートになりますね。メロンの果汁が、濃厚なフルーツソースのような味わいに、私には感じられます。

f:id:blogscout:20180816145716j:plain

フルーツとしてだけではなく、肉料理、野菜料理と取り合わせても、おいしくいただけます。
豊かな香りと食感、甘みが食卓を彩ってくれます。

f:id:blogscout:20180816145733j:plain

日原メロンを堪能し、そのおいしさのファンになりました。記念日や進物、パーティーへのお土産など、さまざまなシーンで日原メロンを味わってみたいと思います。

------------------------------------

いかがでしたか? そのままではもちろん、オードブルとしても、他のフルーツと合わせても、さらには肉料理や野菜料理に添えてもおいしくいただける日原メロン。さまざまな食べ方で、たっぷりと堪能してみてくださいね。

「日本の極み 北海道夕張郡栗山町産 日原メロン 1玉」お申し込みはこちらから。

 

藤岡智子

f:id:blogscout:20161031111937j:plain

フードライター&栄養士。情報誌、グルメ雑誌のライターとしてレストラン、カフェなど500店舗以上の飲食店取材を経験。栄養士の資格を生かし、食育・栄養関連の記事の執筆、レシピ提案・調理などもおこなっている。

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度