RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」フードライター&栄養士・藤岡智子さん試飲レポート

日本三大うどん、という呼称をご存じですか? どの地域のうどんが入るのかは諸説あるようですが、そのなかでも必ずといっていいほど選ばれているのが、香川県の讃岐うどん、そして今回ご紹介する、秋田県の稲庭うどんです。
“うどん文化圏”とされる関西にお住まいの藤岡さんによる「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」のレポート、楽しみですね!

------------------------------------

私の住む関西は、“うどん文化圏”といわれています。そのせいか子どもの頃からうどんが好きです。最近では関西でも、東北や四国などいろいろな地域のうどんが食べられるようになり、折りにふれて楽しんでいます。

この度は、日本三大うどんの一つとして知られる稲庭うどんの乾麺を試食するチャンスをいただきました。うどん屋さんで食べたことはあっても、自宅で調理したことはないので、ワクワクしています。

f:id:blogscout:20190725105258j:plain

f:id:blogscout:20190725105315j:plain
f:id:blogscout:20190725105325j:plain

丁寧に梱包され届いた箱が、思った以上に大きくて驚きました。
うどんが描かれた木箱を開けると、稲庭うどんが並んでいます。長いので、縦に入っているのですね。こんなに長い乾麺は見たことがありません。

f:id:blogscout:20190725105358j:plain

稲庭うどんは秋田県湯沢市で作られています。全国に知られる、いわゆるブランドうどんだけに、その製法などには厳しい基準があるとのこと。
この「延寿庵」の稲庭うどんも伝統的な製法を守っています。ベルギーのブリュッセルに本部を置き、食品のミシュランと呼ばれる国際味覚審査機構・iTQiで優秀味覚賞に7年連続で選ばれたこともあるとか。

f:id:blogscout:20190725105504j:plain

たっぷりのお湯を沸かし、麺を入れます。麺の長さは35センチくらいあるので、半分に折って。火の通りがよいので、3分ほどでゆで上がりました。手延べ製法で作られ、細くて繊細な麺です。1束で1.5人分くらいありそうです。

f:id:blogscout:20190725105523j:plain

f:id:blogscout:20190725105537j:plain

早速いただいてみると、つるつるとのど越しがよく、しかも弾力がある歯ざわり。
稲庭うどんは、平たい形状で打ち粉としてでん粉を使うのが特徴だとか。「延寿庵」では、北海道産の小麦粉を100%使っています。確かな味は、こだわりの材料と伝統的な製法に裏打ちされているのですね。

f:id:blogscout:20190725105557j:plain

しみじみとおいしいうどんです。うどんつゆをかけて、シンプルに鰹節をかけてもいただいてみると、素朴でありながらも、豊かな味が感じられます。

f:id:blogscout:20190725105610j:plain

なめらかな食感で、あっさりした味わいの麺なので、いろいろな食材と取り合わせても、おいしくいただけます。よく冷やしてみましたが、細い麺が食べやすく、うどんつゆもよく絡みます。手延べうどんならではの繊細な手仕事の技が伝わってきます。

f:id:blogscout:20190725105632j:plain

温かいかけうどんにしてもコシがあり、おいしくいただけます。
やさしくほっとする味わいは、お子さまや年配の方にもおすすめです。

f:id:blogscout:20190725105645j:plain

いろいろな食べ方が楽しめる、「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」。
日本の豊かな食文化、伝統を感じられる逸品です。ご進物にも最適、乾麺なので保存ができ、重宝されると思います。

------------------------------------

手延べ製法で作られる稲庭うどんは、かつては秋田藩主に献上された門外不出の高級品だったそう。そんな歴史ある稲庭うどんを手軽に食べることができるのはうれしいですね。暑い季節につるりと食べられる「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」、贈り物にはもちろん、ぜひ一度召し上がってみてください。

「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」お申し込みはこちらから。

 

藤岡智子

f:id:blogscout:20161031111937j:plain

フードライター&栄養士。情報誌、グルメ雑誌のライターとしてレストラン、カフェなど500店舗以上の飲食店取材を経験。栄養士の資格を生かし、食育・栄養関連の記事の執筆、レシピ提案・調理などもおこなっている。

グルメライター・猫田しげるさん「山形の極み 月山クラフトビール 月山自然水仕込み」試飲レポート

今回グルメライターである猫田しげるさんに試飲していただいたのは、「山形の極み 月山クラフトビール 月山自然水仕込み」です。タイプの違う2つのクラフトビールのお味の違いはどうだったのでしょうか? ぜひ、ご覧ください!

------------------------------------

f:id:blogscout:20190122120332j:plain

こんなにお酒が好きなのに、「クラフトビールって何?」と聞かれると、「小さい工場で造ったビール…?」としか答えられません。

でも調べてみると、どうやらアメリカでは「ブルワーズ・アソシエーション」という協会によって「小規模であること」「独立していること」「伝統的な原料や製法で造っていること」と定められているようですが、日本では明確な定義はなく、だいたいアメリカと同じ意味合いのようです。私が適当なだけじゃなかったんですね。ホッ。

しかし「クラフトビールはどうやって造られるか」と聞かれると、醸造所に取材に行くことはあるものの、試飲に心を奪われすぐ忘れてしまうので(!)、ここでおさらいします。

f:id:blogscout:20190122120329j:plain

まずビールの原料は麦芽、ホップ、酵母、水です。

  1. 麦芽を発芽させて粉砕する
  2. 粉砕した麦芽をお湯で煮込み、糖化させる。
  3. 濾過してホップを加え、煮沸する
  4. 上でできた麦汁に酵母を加え、発酵させる
  5. 数十日間熟成させる

(1)の時に麦芽を温度違いで乾燥させたり焙煎したりすることで、いろいろな種類の「モルト」ができ、黒ビールや濃いビールなどさまざまなスタイルに分かれます。モルトは、低温で時間をかけて乾かした「ペールモルト」、黒ビールを造る時に用いられる「カラメルモルト」などがあります。

f:id:blogscout:20190122120326j:plain

そんなビール醸造について、麦芽やホップももちろん大事ですが、やはりどの工程でも大切な存在となるのは「水」でしょう。

そんな「水」にこだわったのがこの「山形の極み 月山クラフトビール 月山自然水仕込み」。
その名の通り日本有数の豪雪地帯である山形県月山山麓で造られています。

f:id:blogscout:20190122120335j:plai

種類は「ピルスナー」と「アルト」。ピルスナーは低温で長時間発酵させる「ラガー」タイプ、アルトは高温で短時間発酵させる「エール」タイプ。ラガーは日本のほとんどの大手メーカのビールで、エールはイギリスやベルギーでよく見る色の濃いビールですね。

f:id:blogscout:20190122120339j:plain

f:id:blogscout:20190122120345j:plain

まずはピルスナーですが、こちらは鮮やかな黄金色です! コップに注いだ瞬間、シュワシュワと音を立ててきめ細やかな泡が立ちました。

f:id:blogscout:20190122120349j:plain

撮影とは言え、昼から飲むのは幸せですねえ。ピルスナーは、実にスッキリして軽やかな味。普段飲んでいる大手ビールより苦味が断然弱く、喉に引っかかる感じが全くありません。鼻に抜ける香りがフルーティーです。

f:id:blogscout:20190122120352j:plain


一方、アルトは赤褐色のいかにも「クラフトビール」といった見た目ですね。心なしかピルスナーより泡立ちが穏やかな気がします。

f:id:blogscout:20190122120356j:plain

しかしこちら、飲んでみるとどっしりした口当たり。穀物のコクと甘みが凝縮された、まさに「麦を楽しむビール」です。よく焙煎されたモルトの香ばしさが感じられます。

f:id:blogscout:20190122120301j:plain

日本国内には400近くものクラフトビール醸造所があるそうです。いくつか飲んだことがありますが、酸味が強かったり、ジュースのように甘かったりと、なかなか好みの味には出会えないものです。だいたい、生ではなくビンなのでフレッシュ感がない場合が多いですね。

でも「月山クラフトビール」は、まるでタンクからそのまま注いだような鮮度の良さがあります。なぜでしょう?

f:id:blogscout:20190122120305j:plain

その理由の一つが、醸造工程の(4)の後に加熱処理せず、酵母を生かしていること。
通常、発酵が進んでしまうため加熱して酵母を殺すのですが、こちらは非加熱で酵母を生かしています。酵母そのものにもまろやかな甘みがあるため、酵母を生かしておいたほうが断然味わいが深くなるのです。 

f:id:blogscout:20190122120308j:plain

それだけではなく「月山クラフトビール」を造る醸造機は、ドイツの名門、カスパー・シュルツ社製。ビールの本場で330年の間、全世界に醸造設備術を伝え続けてきた名門です。

このビールは、素材や製法だけでなく、醸造機にまでこだわって造られた、知恵と技の総力結集とも言える渾身のビールなのです。
f:id:blogscout:20190122120311j:plain

「ピルスナー」と「アルト」、どちらが好きかと聞かれると迷いますねえ。お風呂上りにグビッと飲みたいのは「ピルスナー」ですが、食事と一緒にじっくり飲みたいのは「アルト」でしょうか。

でも昼から飲むにはすっきりした「ピルスナー」が良いでしょう。とは言え、「アルト」も肉料理などと合いそうなのでランチビールにオススメかも。結局どちらも昼に飲むんですね(笑)。

f:id:blogscout:20190122120316j:plain

と、飲み比べをしていたらいつの間にか4本も空いてしまいました。こうしてまた友人に「酒の記事ばっかり書いてる」とツッコまれるのでしょうね。

f:id:blogscout:20190122120319j:plain



f:id:blogscout:20190122120323j:plain

------------------------------------

いかがでしたか? 素材、製法、鋳造機のすべてにこだわった2種類のクラフトビール。さっぱりとした味わいの「ピルスナー」と、麦の味わいが凝縮された「アルト」、それぞれの違いを楽しみながら、至福の時間を過ごしてはいかがでしょうか?

[山形の極み] 月山クラフトビール 月山自然水仕込み|カタログギフトのリンベル[公式]

猫田しげる

f:id:blogscout:20160719195837j:plain

食関係の編集ライター。タウン誌、グルメ情報誌、レシピ本、新聞の地域情報版などの媒体で15年以上取材執筆。美味しいものからちょっと変わったものまで、食に関するあらゆることを愛し、日々発信中。

管理栄養士&幼児食アドバイザー・川口由美子さん「日本の極み オホーツクの焼き魚セット」試食レポート

管理栄養士で幼児食アドバイザーでもある川口由美子さんに今回、ご試食いただいたのは、「日本の極み オホーツクの焼き魚セット」です。魚を食べることの大切さや栄養についても教えていただきました!

------------------------------------

こんにちは。管理栄養士、幼児食アドバイザーの川口由美子です。
皆さんは、どんな朝ごはんを食べていますか?
わが家は、卵料理や豆腐、納豆類で済ませてしまうことが多いです。
食育をしている身としては、朝からしっかり魚を焼きたいところですが、子どもの世話をしながらの朝ごはんの支度は、魚を料理することがおっくうになってしまうのです。
でも、魚にはDHAやEPAといった、神経をつながりやすくする、脳に必要な脂が含まれているので、積極的に食卓にあげたい食材なのです。
旅館の朝ごはんなどをいただくと、「あぁ…朝からやっぱり焼き魚が理想よね」と感じているものの、なかなか実行に移せません。

そんな中、リンベルさんから「焼き魚セット」をいただけることに。
これはなんとタイムリー!!!

f:id:blogscout:20190327151212j:plain
f:id:blogscout:20190327150819j:plain

いつもおいしい「日本の極み」シリーズ、今回は北海道から、「オホーツクの焼き魚セット」です。サーモンの塩焼きと西京焼きがセットになっています。
子どもも大人も大好きなサーモンなので、食卓になじみやすい定番なのもうれしいですね。オホーツク海のサーモンは、脂がのっているのが特徴なのだそうです。しかもこのサーモンは一番脂がのっている時期にとれるオスの鮭だけを選んでいるのだとか。

早速いただいてみましょう。

f:id:blogscout:20190327150913j:plain

朝からゴージャスになりました! 定食のように食べるには、ちょうどいい1切80gなので、そのまま1切レンジで温めて、どーんと食卓に登場させてみました。

早速いただくと、そのおいしさに驚きます。さすが脂がのっているので、旨みがたっぷりですが、お味がとてもおいしいです。うろこの向きを逆さにして塩をすりこむという「逆塩(さかじお)製法」という方法で味をつけているので、表面だけではなく身にまで、塩味がしみこんでいます。

焼き鮭はよくわが家でも食べるのですが、塩辛かったりしますが、これはほどよい塩味です。全体的に塩味がしみていると、やはり旨みと脂と塩気がほどよく混じるので食べやすいですね。

西京焼きも食べてみました。京都の西京味噌を使った西京焼きは、お弁当にもっていっても満足できそうな、しっかりとしつつも上品な味わいです。

こんなにおいしいのに、食べるときは、電子レンジでチンするだけと、なんとも手軽。魚焼きグリルを使う必要もないので、朝から魚を食べるハードルがぐんと低くなります。
便利でおいしいお魚を上手に使うことで、忙しいときでもしっかり魚の脂の成分であるDHAやEPAをしっかりとることができますよね。

忙しいけれども、おいしくて身体にいいものを食べたいという方におすすめしたいセットです。

f:id:blogscout:20190327150930j:plain

------------------------------------

レンジで温めるだけでオホーツクのサーモンが味わえるなんてうれしいですね。個包装されていて1切れから用意することができるので、気軽に召し上がっていただけます。厳選されたサーモンで、時には贅沢な朝食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

「日本の極み オホーツクの焼き魚セット」はこちらから。

 

川口由美子

f:id:blogscout:20160822112716j:plain

(一社)日本母子栄養協会 代表/幼児食アドバイザー/母子栄養指導士
離乳食や幼児食の本や雑誌を書いています。管理栄養士としてだけではなく、一男一女の母として子育て経験談も交えて、家庭の食事について伝えています。著書に『フリージング幼児食 1歳半~5歳 -1週間分作りおき!』(大泉書店)他

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度