RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

「山形の極み 山形県置賜産 ノンアルコール赤ワイン」グルメライター・猫田しげるさん試飲レポート

今回、グルメライターである猫田しげるさんに試飲いただいたのは、「山形の極み 山形県置賜産 ノンアルコール赤ワイン」です。このブログでも、数々の銘酒レポートを届けてくれている猫田さんですが、果たしてノンアルコールの赤ワインの味わいはどうだったのでしょうか。

------------------------------------

こんにちは。「365日、1日たりとも休肝日を設けない」がモットーのお酒好きな私ですが、飲む相手がお酒を控えていたり、車で来ていたりする時は、さすがに自分だけ気分よく酩酊するのも悪いなあと思います。そんな場合はノンアルコールドリンクで代替しようとするのですが、どうもノンアルだと「お酒感」がなく、かえってアルコールが欲しくなってしまう…と逆効果なこともよくあります。

と、そんな時にピッタリなドリンクと出会いました。「山形の極み 山形県置賜産 ノンアルコール赤ワイン」です。

f:id:blogscout:20190705201321j:plain

見てください、この高級感のあるパッケージ。ワインじゃありませんって言われても信じられないですよね。

f:id:blogscout:20190705201336j:plain

なんでもこちらは、山形県南部に位置する置賜地域で長年育てられてきた生産量日本一のデラウェアを100%使用し、デラウェア特有の強い甘みをデザートワイン風に仕上げた新感覚のアルコールフリー飲料。
おきたま農業協同組合で立ち上げた「おきたまオリジナルブランド商品開発プロジェクト」によって開発された商品で、監修はイタリアンレストラン「アル・ケッチァーノ」オーナーシェフ奥田政行氏によるものです。

f:id:blogscout:20190705201349j:plain

実は置賜地域は江戸時代初期から続く県産ブドウの発祥地。盆地特有の寒暖差が大きい気候により、着色がよく糖度が増し、良質な土もデラウェアの栽培に適しているのだそう。
今でもこの地域では一つ一つ手作業によって一枝あたりのブドウの房数を制限し、甘みがのった種のないデラウェアを生産しているのです。

f:id:blogscout:20190705201401j:plain

瓶を開けた瞬間、本当にワインのようなブドウの芳醇な香りが漂いました。グラスに注いだ真紅の色は、もうどこからどう見ても立派な赤ワインです。

f:id:blogscout:20190705201417j:plain

一口味わってみると、想像をはるかに超える濃厚なブドウ感! 「苦み」成分がしっかり残っていて、単なるジュースとはまったく違う渋みとコクを感じられます。これは独自の搾汁法で、苦み成分のポリフェノールが多く含まれる果皮ごと加熱して引き出された味わいなのです。

f:id:blogscout:20190705201434j:plain

普通のジュースだとゴクゴク飲めてしまいますが、これは一口一口がとても重厚感があるので、その通りワインを嗜むようにゆっくり味わえます。肉料理やチーズなどに合わせても相性抜群です。
上質なブドウだけを使用しているので、いつも飲んでいる安価な赤ワインに比べて、お酒が入っていないのにいいワインを飲んでいる気分になります(笑)。

f:id:blogscout:20190705201450j:plain

氷を入れると苦みがまろやかになりますので、お子さまはジュースとして味わえます。
ただ、お酒好きな方は氷なしで軽く冷やしていただくのがオススメです。

f:id:blogscout:20190705201705j:plain

このワイン、ではなくノンアルコール飲料、「お酒の代わり」に飲むのはもはや失礼な気がしてきました。これほど甘みと渋みと酸味のバランスが良く、フルボディ並みに重厚感があるドリンクは、ワインを超えた飲み物です。

f:id:blogscout:20190705201508j:plain

もともとお酒を召し上がらない方にも、お酒好きだけど飲めない方にも、朝から飲みたいけど気がとがめるという私のような人にも、お酒を超えるジュースとしてぜひおすすめしたいドリンクですよ。

f:id:blogscout:20190705201623j:plain

------------------------------------

猫田さんから、“ワインを超えた飲み物”と評された「山形の極み 山形県置賜産 ノンアルコール赤ワイン」。ノンアルコールの赤ワインなんて、ブドウジュースと似たようなもの、と思っている方にこそ、ぜひ味わっていただきたい逸品です。

「山形の極み 山形県置賜産 ノンアルコール赤ワイン」お申し込みはこちらから。

 

猫田しげる

f:id:blogscout:20160719195837j:plain

食関係の編集ライター。タウン誌、グルメ情報誌、レシピ本、新聞の地域情報版などの媒体で15年以上取材執筆。美味しいものからちょっと変わったものまで、食に関するあらゆることを愛し、日々発信中。

料理研究家・河井あゆみさん「日本の極み 泉州 水なす漬」レシピ&試食レポ

料理研究家の河井あゆみさんに、京の人気漬物店の水なす漬をご試食いただき、みずみずしい食感の水なす漬にぴったりのサラダレシピも考案いただきました。

さっそくご覧ください!

---------------------------------------------------------

 

水茄子…名前を聞いただけで涼を感じる、大好きな野菜です。大阪泉州を代表する夏の特産物で、関東に住む人間にとってはなかなか手に入らない少々敷居の高いお野菜。
でも初めていただいた時は茄子を生で食べることにびっくりしました!
皮ごとかじるとフルーツのようなみずみずしさ、なんと水茄子は全体の9割以上が水なんだとか・・・。なんとも贅沢な野菜だなあと思ったものです。

 

そんな水茄子の食べ方と言えばやはり生食かお漬物ですが、このたび水茄子のお漬物をリンベルさんから試食させていただけるとのこと、わくわくしながら待っていました!

 

f:id:neko_pa:20190619154901j:plain

この度届いたのは京都の人気漬物店「てが」さんの水茄子の浅漬け。新鮮な水茄子を独自の調味液で漬けてあるそうです。その時期の野菜の状態を見て一番適した塩加減で調味液を作り、色々な野菜のお漬物のラインナップがある京都の名店です。お箱も立派!蓋に描かれているのは東寺の象徴で有名な五重塔ですね。

 

f:id:neko_pa:20190619155157j:plain

開けてみると一つずつパックされた水茄子漬けが5つも!ひとつひとつに調味液もいっぱいに入っています。

 

f:id:neko_pa:20190619155234j:plain

出してみたところ。調味液が宝石のような綺麗なブルーで美しい…。

 

f:id:neko_pa:20190619155347j:plain

そしてパックの裏に注意書きがあるように、水茄子は普通に包丁に切ってしまわずに手で割いた方が美味しくいただけます。

 

f:id:neko_pa:20190619160731j:plain

ヘタを落とし、切り口に十字に切れ目をいれて(この時は包丁でOK)、切れ目から手で割きましょう。

 

f:id:neko_pa:20190619160823j:plain

すると中が真っ白な美しい断面が顔を出します。水茄子が普通の茄子と違う点は、皮が薄く、灰汁も少なく、水分が多いこと。よく見ると身に汁がにじんでいてみずみずしさが伝わってきます!
まずはこのままいただいてみると…シャクシャク・ふわりとした食感で、茄子独特の灰汁は感じず、水を食べているような不思議な感覚。皮にしっかり調味液の味がしみているのですが、中の白い部分は茄子の味そのまま。だから皮と身を一緒に口に入れると塩気が丁度良いのです。これが「てが」さんの独自の塩加減なんですね!本当に美味しくていくつでも手が伸びてしまいます!

 

f:id:neko_pa:20190619160904j:plainさて、なんせ5袋も入っているので水茄子漬けを使った料理を考えました!そのままいただくだけではもったいない。どうせならワインに合わせてアペロ(食事前のちょい飲み)のお供にもしたいじゃありませんか。

 

この水茄子漬け、ハーブや良質のオイルと相性が良いとピンときました!また火を通すのはもってのほか、できるだけ手を加えず水茄子の美味しさとシンプルに味わうのが一番と思ったので、まずはイタリア風にミントと美味しいオリーブオイルでサラダに。

 

f:id:neko_pa:20190619160955j:plain

イタリアでは茄子とミントは定番の組み合わせ。

<水茄子漬けとミントのサラダ>

水茄子漬け・・1個

ミントの葉・・2枝ぶん

挽いた黒胡椒・・少々

エクストラバージンオリーブオイル・・大さじ2

 

シンプルに食べやすい大きさに割いた水茄子にちぎったミントの葉とオリーブオイル、挽きたての黒こしょうをぱらり。水茄子に味がついているので塩は必要ないんです。

これは白ワインを呼びます!!

 

もう一つ、ハーブと美味しいオイルと言ったらエスニックバージョンも外せません。

f:id:neko_pa:20190619161051j:plain

<水茄子漬けとささみ、パクチーのエスニックサラダ ライム風味>

水茄子漬け・・1個

赤玉ねぎスライス・・1/4個分

茹でた鶏ささみ・・1本分

パクチー・・1株

ライム果汁・・1/2個分

太白ごま油・・大さじ1

白いりごま・・小さじ1

 

作り方は材料をすべて混ぜるだけですが、水茄子の切り方だけご注意を。こりこりとした歯ごたえを生かしたいので一口大にごろっと切ってください。包丁で全て切ってしまうのではなく、包丁で少し切れ目を入れたらそこから指で一口大をむしり取るように切ると表面が不ぞろいになって他の食材ともなじみが良いです。

 

こちらもライムの酸味がきいて爽やか!鶏ささみやごま油の風味の相乗効果でしっかり食べごたえもあります!こちらはビールでも、また炭酸の聞いたハイボールでもいいかも!

 

どちらにしても、夏の休日が目に浮かんでくるようなお料理でしょ?

 

普通の茄子ではなく、調味液の味がついた水茄子だからこそシンプル調理で味が決まります。まずはこの水茄子漬けを手に入れてくださいね!

f:id:neko_pa:20190619161152j:plain

 ------------------------------------------------

いかがでしたか? ミントやパクチーと水なす漬を合わせたさわやかなサラダは、夏にぴったりの一皿ですね。ぜひお試しください。

 

「日本の極み 泉州 水なす漬」のお申し込みはこちらから。

 

プロフィール>

f:id:neko_pa:20190620101439j:plain

理研究家 河井あゆみ

2年半のNY滞在時に料理学校でイタリアンコースを修了し講師のアシスタントを経験。帰国後子育てを経て、2010年からイタリアンをベースにしたおもてなし・家庭料理の教室「料理教室ARNOアルノ」を主宰する。 

「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」フードライター&栄養士・藤岡智子さん試飲レポート

日本三大うどん、という呼称をご存じですか? どの地域のうどんが入るのかは諸説あるようですが、そのなかでも必ずといっていいほど選ばれているのが、香川県の讃岐うどん、そして今回ご紹介する、秋田県の稲庭うどんです。
“うどん文化圏”とされる関西にお住まいの藤岡さんによる「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」のレポート、楽しみですね!

------------------------------------

私の住む関西は、“うどん文化圏”といわれています。そのせいか子どもの頃からうどんが好きです。最近では関西でも、東北や四国などいろいろな地域のうどんが食べられるようになり、折りにふれて楽しんでいます。

この度は、日本三大うどんの一つとして知られる稲庭うどんの乾麺を試食するチャンスをいただきました。うどん屋さんで食べたことはあっても、自宅で調理したことはないので、ワクワクしています。

f:id:blogscout:20190725105258j:plain

f:id:blogscout:20190725105315j:plain
f:id:blogscout:20190725105325j:plain

丁寧に梱包され届いた箱が、思った以上に大きくて驚きました。
うどんが描かれた木箱を開けると、稲庭うどんが並んでいます。長いので、縦に入っているのですね。こんなに長い乾麺は見たことがありません。

f:id:blogscout:20190725105358j:plain

稲庭うどんは秋田県湯沢市で作られています。全国に知られる、いわゆるブランドうどんだけに、その製法などには厳しい基準があるとのこと。
この「延寿庵」の稲庭うどんも伝統的な製法を守っています。ベルギーのブリュッセルに本部を置き、食品のミシュランと呼ばれる国際味覚審査機構・iTQiで優秀味覚賞に7年連続で選ばれたこともあるとか。

f:id:blogscout:20190725105504j:plain

たっぷりのお湯を沸かし、麺を入れます。麺の長さは35センチくらいあるので、半分に折って。火の通りがよいので、3分ほどでゆで上がりました。手延べ製法で作られ、細くて繊細な麺です。1束で1.5人分くらいありそうです。

f:id:blogscout:20190725105523j:plain

f:id:blogscout:20190725105537j:plain

早速いただいてみると、つるつるとのど越しがよく、しかも弾力がある歯ざわり。
稲庭うどんは、平たい形状で打ち粉としてでん粉を使うのが特徴だとか。「延寿庵」では、北海道産の小麦粉を100%使っています。確かな味は、こだわりの材料と伝統的な製法に裏打ちされているのですね。

f:id:blogscout:20190725105557j:plain

しみじみとおいしいうどんです。うどんつゆをかけて、シンプルに鰹節をかけてもいただいてみると、素朴でありながらも、豊かな味が感じられます。

f:id:blogscout:20190725105610j:plain

なめらかな食感で、あっさりした味わいの麺なので、いろいろな食材と取り合わせても、おいしくいただけます。よく冷やしてみましたが、細い麺が食べやすく、うどんつゆもよく絡みます。手延べうどんならではの繊細な手仕事の技が伝わってきます。

f:id:blogscout:20190725105632j:plain

温かいかけうどんにしてもコシがあり、おいしくいただけます。
やさしくほっとする味わいは、お子さまや年配の方にもおすすめです。

f:id:blogscout:20190725105645j:plain

いろいろな食べ方が楽しめる、「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」。
日本の豊かな食文化、伝統を感じられる逸品です。ご進物にも最適、乾麺なので保存ができ、重宝されると思います。

------------------------------------

手延べ製法で作られる稲庭うどんは、かつては秋田藩主に献上された門外不出の高級品だったそう。そんな歴史ある稲庭うどんを手軽に食べることができるのはうれしいですね。暑い季節につるりと食べられる「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」、贈り物にはもちろん、ぜひ一度召し上がってみてください。

「日本の極み 秋田県 延寿庵稲庭手延うどん」お申し込みはこちらから。

 

藤岡智子

f:id:blogscout:20161031111937j:plain

フードライター&栄養士。情報誌、グルメ雑誌のライターとしてレストラン、カフェなど500店舗以上の飲食店取材を経験。栄養士の資格を生かし、食育・栄養関連の記事の執筆、レシピ提案・調理などもおこなっている。

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度