RINGBELL BLOG

カタログギフトのリンベルが日本中から厳選した逸品を、美食のプロがテイスティング

「日本の極み 歯舞漁港蝦夷バフンウニ」料理家・若井めぐみさん

そのまま味見してみると、とっても甘くて旨みたっぷり!昆布の香りが口いっぱいに広がります。

旨みたっぷりで濃厚な味わいの蝦夷バフンウニ、そのまま食べる以外にもいろいろなお料理にアレンジできると思います。

(本文より)

 

 

今回は、北海道 根室から産地直送でお届けする「歯舞漁港蝦夷バフンウニ」を若井めぐみさんにお試しいただきました。北海道グルメを家にいながら満喫できること間違いなし。まるでレストランで出てきそうなウニのごちそうレシピも盛りだくさんでご紹介頂いております。ではさっそくご覧ください!
------------------------------------------------- 

こんにちは!
料理家 若井 めぐみです。
今回は「日本の極み」シリーズ歯舞漁港蝦夷バフンウニを試食させていただきました。実は私、「好きな食べ物は?」と聞かれるといつも「ウニ」と答えています。昔から大好きなのです!
ですので、今回の試食はいつにも増して楽しみにしていました。
北海道根室の歯舞漁港は日本でも有数の昆布の産地。
ウニは昆布を食べて生きているので、歯舞で育つウニは豊富な昆布の栄養をたっぷり吸収して味わい深いものになるそう。では早速レポートしていきたいと思います。

f:id:neko_pa:20210412140301j:plain発泡スチロールを開けるとこのような感じ。スポンジと保冷材が入り、厳重に梱包してあります。木箱に張ってあるラベルはウニの絵がほっこりする、かわいいデザインです。同梱されている説明はこのような感じ。

f:id:neko_pa:20210412140344j:plain
漁師さん自ら漁獲、殻剥き、折詰めまで手作業でおこなっているとはすごいですよね?大切にいただきたい気持ちになります。箱をあけるとこんな感じです。

f:id:neko_pa:20210412141051j:plain鮮やかななオレンジ色のバフンウニが行儀よく整列しています!内容量は100g。

f:id:neko_pa:20210412142158j:plainたまりません。お箸で持ち上げてみると、

f:id:neko_pa:20210412142226j:plainそのまま味見してみると、とっても甘くて旨みたっぷり!昆布の香りが口いっぱいに広がります。 

そのままウニ丼にでもしていただきたい気持ちでしたが、今回は一部を醤油漬けにしてみました!そんなにたくさん漬けられないので醤油漬けのレシピを少量でご紹介します。

f:id:neko_pa:20210412142300j:plain蝦夷バフンウニの醤油漬け
<材料 作りやすい分量>

・蝦夷バフンウニ・・・30g
・醤油・・・大さじ1
・みりん・・・大さじ1/2
・白ワイン(または酒)・・・大さじ1/2

<作り方>
1.耐熱容器に醤油、みりん、白ワインを入れて混ぜ、ラップをせずに600wの電子レンジで30秒加熱して、そのまま完全に冷ます。
2.蝦夷バフンウニを入れて、冷蔵庫で2時間以上漬ける。 

漬け汁はしっかりと冷ましてからウニを浸けてください。一晩漬けてもしっかりと味が染みて美味しいです♪
ごはんに乗せて食べても絶対美味しいです。ちなみにウニを漬けた後の漬け汁を卵かけごはんの出汁醤油がわりにしてもおいしい。

この蝦夷バフンウニの醤油漬けを使ってワインにも合うカナッペ風のおつまみにしてみました。 

f:id:neko_pa:20210412142510j:plain

蝦夷バフンウニの醤油漬けときゅうりのカナッペ風

<材料 2人分>
・蝦夷バフンウニの醤油漬け・・・10粒程度
・きゅうり・・・1本
・クリームチーズ・・・50g
・牛乳・・・大さじ1
・ディル・・・適量
<作り方>
1.クリームチーズと牛乳を合わせてなめらかになるまで混ぜる。
2.きゅうりのヘタを切り落とし、縦半分に切って、スプーンで種をかき出し、そこへ1のクリームチーズを塗る。
3.3~4cmにカットして蝦夷バフンウニの醤油漬けを乗せ、ディルの葉をちぎり乗せる。 

クリームチーズのまろやかさとウニの濃厚な味がマッチしてとても美味しいです。
きゅうりでなくスライスしたバゲットにチーズを塗り、ウニの醤油漬けを乗せても〇。ワインやシャンパンのほか、日本酒や焼酎にも!

そしてもう一品、
ウニの冷製パスタにもしてみましたのでご紹介します。 

f:id:neko_pa:20210412142524j:plain蝦夷バフンウニの冷製カッペリーニ 豆乳クリームソース
<材料 少な目2人分>
・カッペリーニ・・・80g
・蝦夷バフンウニ・・・50g
・豆乳・・・80ml
・レモン汁・・・小さじ1/2
・白だし・・・小さじ1
・オリーブオイル・・・小さじ1
・塩、胡椒・・・各少々

仕上げ用
・蝦夷バフンウニ・・・6~8粒
・スナップエンドウ(茹でて千切りにする)・・・2個
・トマト(角切り)・・・適量
・大葉(千切り)・・・適量
・オリーブオイル・・・少量

<作り方>
1.ソースを作る。ボウルに豆乳、レモン汁を入れて泡立て器でよく混ぜる。少しとろみがついたら白だし、オリーブオイルを加え混ぜ、蝦夷バフンウニを加えて崩しながら混ぜ、一度味見して塩、胡椒で味を調える。冷蔵庫で冷やしておく。
2.カッペリーニは塩(分量外)を加えた熱湯で3分茹でてザルにあげ、氷水でしっかりと締める。水気をよく切る。
3.ソースを絡めて皿に盛りつけ、スナップエンドウ、トマトをトッピングして蝦夷バフンウニを乗せ、大葉を散らしてオリーブオイルをまわしかける。

ウニと豆乳がまろやかで優しい、さっぱりとした冷製パスタです。ソースをよく冷やすこと、カッペリーニの水気をしっかりと切ることがポイント。
白だしはメーカーによって多少濃度が変わるので、量を調整してください。塩は白だしを入れた後に味見をしてみて必要なら加える程度で。 

旨みたっぷりで濃厚な味わいの蝦夷バフンウニ、そのまま食べる以外にもいろいろなお料理にアレンジできると思います。
今回ご紹介したレシピも、良かったらお試しくださいね!

「日本の極み 歯舞漁港蝦夷バフンウニ」のお申込みはこちら

プロフィール

f:id:neko_pa:20201116142318j:plain
料理家・ハーブ料理研究家。福島県郡山市出身。
ホテル、レストラン、洋菓子店、カフェなどの飲食業に10年ほど携わる。その後、立ち上げた料理教室「ヴェール エクラタン(東京都文京区)」は2021年で10年になる。様々な企業様向けレシピ開発やレストラン・カフェへのメニュー提案なども行っている。著書に「ハーブと薬味のごちそうレシピ~スープからおつまみまで簡単で美味しい健康になれるメニュー65品~」。
ハーブ料理のすそ野を広げ、おばあさんになるまで教室を続けることが目標。
HP https://vert-eclatant.com/
インスタグラム https://www.instagram.com/megumi_wakai