RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

グルメライター・猫田しげるさん「リンベル〈京都岩さき〉京都牛の旨煮・おこわ粥詰合せ」試食レポート

今回グルメライターである猫田しげるさんには、「日本の極み 〈京都岩さき〉京都牛の旨煮・おこわ粥詰合せ」をご試食いただきました。高級食材である牛肉とすっぽんの組み合わせは期待が高まります。お味はいかがだったのでしょうか?ぜひ、ご覧ください!

------------------------------------

「京都といえば『牛肉』なんです!」と言われても、嘘でしょ!と疑ってしまいますよね。神戸牛、近江牛はよく聞きますが、京都で牛肉の生産が盛んだとはあまり想像できません。

f:id:blogscout:20190627163449j:plain

しかし、「京都牛」というブランドが今、大変注目を集めています。なんでも2017年の全国和牛コンテストで京都牛の肉質が全国2位になり、一気に食肉業界をざわつかせました。

そもそも京都牛とは、「黒毛和種であること」「飼養期間が最も長い飼養地が京都府であること」「京都市中央卸売市場第二市場でと畜解体されたこと」「日本食肉格付協会による枝肉格付がA5,B5及びA4,B4規格であること。ただし、著しく品質の劣るものは除く」という規定があり、その繊細な肉質と上品な舌触りは格別なのだとか。

京都に10年住んだことのある私ですが、恥ずかしながら京都牛の存在を知りませんでした。そこで今回、リンベルの「京都牛の旨煮」を試食する機会に恵まれた次第です。

f:id:blogscout:20190627163451j:plain

えー!ステーキで食べたい!と思いましたが(すみません)、さすが和食の都。仕出しの名店「京都岩さき」が、京都牛の美味しさを最大限に引き出す調理法によって、絶品のご飯のお供に仕上げた逸品です。

f:id:blogscout:20190627163454j:plain

と、ハードルが上がる「京都牛の旨煮」と、これまた高級食材の「すっぽん」を使ったおこわのセットです。早速実食してまいります。

f:id:blogscout:20190627163457j:plain

なんと外箱を開けただけで牛肉の香りがふわっと広がりました。和牛という食材の自己主張の強さには毎度驚かされるばかりです。
京都牛を単に醤油やみりんで煮たのではなく、1年のうち春の10日ほどしか収穫できない貴重な花山椒と合わせ、さっと炊いてあります。

f:id:blogscout:20190627163500j:plain

いただく前にレンジで軽く温めますと、牛の脂が溶け、全体にコーティングされます。花山椒の春らしい香りも鼻腔をくすぐりますね。

f:id:blogscout:20190627163503j:plain

まずはそのまま味わってみると、変な表現ですが、まるですき焼きを食べているように、しっかりした牛肉の濃い味わいが口全体に広がります。そして花山椒のプチプチとした食感!

f:id:blogscout:20190627163505j:plain

甘さも醤油の味も絶妙なバランスです。たった一口でもぎゅっと肉の旨みが凝縮され、飲み込んだ後もしばらく口中に肉の香りと味が満ち溢れています。

オン・ザ・ライス! 牛の脂がご飯に染み込んで、光り輝いています。

f:id:blogscout:20190627163508j:plain

ご飯と一緒にいただくと、醤油の味わいがマイルドになって、箸が止まりません。これも変な表現ですが、まるで牛肉弁当を食べているような満足感があります。

f:id:blogscout:20190627163511j:plain

はっ。おこわ粥がセットなのに白米にのっけて食べてしまいました。しかしお粥と白米は別物です。

f:id:blogscout:20190627163514j:plain

おこわ粥に使う素材だって京都牛に負けていません。高級食材のすっぽんを贅沢に使った1人分のお粥です。「すっぽんはちょくちょく食べます!」という方も少ないと思いますので、こうして手軽なお粥でいただけるとは有難いギフトですね。

f:id:blogscout:20190627163517j:plain

すっぽんの身がたっぷり入ったおこわに、すっぽんの出汁をかけ、器に盛り付けて軽くレンジで温めます。

f:id:blogscout:20190627163436j:plain

切り身なので侮っていましたが、すっぽんの身の弾力のあること!「これはコラーゲンが豊富に違いない!」と舌でわかるほどのプルプル感、コリコリ感です。

f:id:blogscout:20190627163432j:plain

出汁もしっかり旨みがあり、生姜の味が効いています。何より、餅米の甘みとモチモチ感に感動しました。すっぽんの出汁が染み込んで、噛むほどに滋味深い味わいが増していくのです。

f:id:blogscout:20190627163436j:plain

正直、すっぽんってどんな味?淡白なのでは?と思っていましたが、優しいながらも奥行きのある旨みが感じられ、しみじみ体に栄養が行きわたるようです。

f:id:blogscout:20190627163440j:plain

京都牛にすっぽん。京都の食材のポテンシャルは想像を超えていました。一人前なので、私のような独り身への贈り物に…なんて寂しいことは言いませんが、引き出物やお返しギフトとしてピッタリです。

f:id:blogscout:20190627163443j:plain 

f:id:blogscout:20190627163446j:plain

------------------------------------

いかがだったでしょうか? 京都ならではの味付けをした旨煮と、奥深い味わいのすっぽんが入ったお粥。2つの味を引き出す詰め合わせは、贈り物としても自分のご褒美としてもピッタリですね。ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

「日本の極み 〈京都岩さき〉京都牛の旨煮・おこわ粥詰合せ」のお申込みはこちら。

 
猫田しげる

f:id:blogscout:20160719195837j:plain

食関係の編集ライター。タウン誌、グルメ情報誌、レシピ本、新聞の地域情報版などの媒体で15年以上取材執筆。美味しいものからちょっと変わったものまで、食に関するあらゆることを愛し、日々発信中。

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度