RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

グルメライター・猫田しげるさん「山形の極み 寿虎屋酒造」試飲レポートその1~霞城壽シリーズ

グルメライターの猫田しげるさんに、「山形の極み 寿虎屋酒造」を試飲していただきました。今回は、寿虎屋酒造の看板銘柄である「霞城壽(かじょうことぶき)」シリーズ4種の飲み比べをレポート。それぞれの魅力をたっぷりお伝えいたします!

------------------------------------

今回の試食レポートも「日本酒」!! しかも4種!! 嬉しいやら困ったやら、よっぽど私が酒好きだと思われているのでしょうか(笑)。相違はありませんが。

f:id:blogscout:20170824181751j:plain

いつもは「東の麓酒造」さんでしたが、今回は初めての「寿虎屋酒造」さん。
実はこちらもマニアの間では有名で、看板銘柄「霞城壽」で知られる創業300年の老舗酒造です。
ここのスゴいところは、

  • 酒蔵の移転時に水の良さを考えて村山高瀬川の近くに決めた
  • 吟醸酒以上には掛米(酒米ではない一般米)を一切使用せず、全麹仕込み
  • 全国新酒鑑評会で10回以上金賞を受賞

などなど数あるのですが、まあウンチクは抜きにして早速試飲してみましょう。

f:id:blogscout:20170824181717j:plain

なんと今回は、リンベルと寿虎屋酒造がコラボした「山形の極み」シリーズ。
「霞城壽」の純米・山廃純米・大吟醸・純米大吟醸の4種です。

同じ「霞城寿」でも、それぞれで酒米を変えているのも驚きです。
純米には心白が大きめの山形産「出羽の里」、山廃純米と純米大吟醸には同じく山形産で淡麗な酒ができる「出羽燦々」、大吟醸にはタンパク質(=雑味)が少ない「山田錦」を使用しています。

では「霞城壽」4種を、それぞれ飲み比べしていくとしましょう。

▼純米 霞城寿
f:id:blogscout:20170824181814j:plain

山形産の酒米「出羽の里」を寒造り瓶詰めした旨口純米酒。12月~2月頃までの寒い季節に造られるのが寒造りで、キレのある味わいに仕上がるのが特徴です。

f:id:blogscout:20170824181835j:plain

少し口に含んでみると、一口目からかなりパンチがあります。
日本酒度は+2のやや辛口ですが、それ以上に辛口のように感じられます。
ですが、とがった感じはなく、次第に丸みのあるコクが強まってきます。

f:id:blogscout:20170824181900j:plain

このお酒はぬるめの燗がオススメだそうです。
少し温めると、穀物らしい米の糖分の味がより強く感じられます。
日本酒好きの人にはおそらくドンピシャの繊細な味わいです。

 ▼山廃純米 霞城寿
f:id:blogscout:20170824181929j:plain

山廃仕込み、つまり時間と手間をかけた自然な醸造法で作られたお酒とあり、黄金色ともいえるような深みのある水色をしています。
口を開けた瞬間の香りもスモーキー。日本酒度は+3で辛口です。

f:id:blogscout:20170824181948j:plain

飲んでみると、琥珀色の見た目どおり、かなり強い味わいです。
どっしりしていて、野性味を感じられます。少しだけ苦味があるのですが、嫌なエグみではありません。良い意味でクセの強い日本酒です。

f:id:blogscout:20170824182020j:plain

冷やより熱燗のほうが、このお酒が持つ香りがより立ちます。
濃い味付けの中華料理や、同じような香りの燻製などとよく合います。
これはツウ好みの日本酒ですね。

 ▼大吟醸 霞城寿
f:id:blogscout:20170824182100j:plain

兵庫県産「山田錦」を35%まで磨いた大吟醸。ビンもスマートでスタイリッシュですね。

f:id:blogscout:20170824182127j:plain

フレッシュな香りで水色も澄んでいます。
さすが35%とかなり磨かれたお酒だけあって、「米の甘みと旨みだけを抽出しました!」と主張するようなピュアな味わいです。

f:id:blogscout:20170824182155j:plain

とはいえ、まったく軽薄ではありません。口に含むうちにしっかりと米本来の糖分が出てきて、アルコール分も高く、重厚感のあるしっかりした飲み口です。
日本酒度は+3と辛口ですが、柔らかな口当たりで角のない喉ごしです。
雑味がなくスッキリした甘さなので食前酒に良さそうですね。

f:id:blogscout:20170824182215j:plain


▼純米大吟醸 霞城寿
f:id:blogscout:20170824182231j:plain

ビンを開けた瞬間、「おお~これは!」とうなってしまうほど米特有の甘い香りを感じました。
「出羽燦々」を45%まで磨いた純米大吟醸で、日本酒度は+1と少し甘めです。
しかし、飲んでみると甘さは強いものの、もったりした感じはなく、鼻に抜ける香りは清廉です。非常によくまとまった味です。

f:id:blogscout:20170824182251j:plain

まるで香りの良い白ワインのように、グイグイ飲み進んでしまいます。甘めのお酒好きにはぴったり。でもしっかりキレがあるので、辛めが好きな人も美味しくいただけるのではないでしょうか。

f:id:blogscout:20170824182310j:plain

 昼間から一人で日本酒パーティーをしていたら酔っ払ってしまいました。
が、そんなお酒の回った頭でもそれぞれの違いはしっかり感じられ、目隠しで飲んでもどれがどのお酒かを当てられるほどでした!

f:id:blogscout:20170824182327j:plain

日本酒が好きな人には純米、いい意味でクセがあるお酒が好きなら山廃純米、キリッとした辛口を好む人には吟醸、甘めが好きな人や女性には純米大吟醸……といったところでしょうか。

実は全部開けちゃったので途方に暮れていましたが、なんと全麹仕込みの日本酒は開栓してから1週間~10日くらいは味が落ちないとのこと! なんとありがたいお酒なのでしょう。これから連日「霞城寿」祭りです!

f:id:blogscout:20170824182344j:plain

------------------------------------

いかがでしたか? 同じ「霞城壽」でも、ひとつひとつ酒米を変え、最高の味を追求するというこだわりは、それぞれの美味しさにしっかりあらわれていたようですね。贈る相手の好みに合わせて選べるのもうれしいところ。もちろん、ご自身でも気になったものを味わってみてくださいね。

「山形の極み 寿虎屋酒造」 霞城壽シリーズ一覧とご注文はこちらから

 

blog.ringbell.co.jp

 猫田しげる

f:id:blogscout:20160719195837j:plain

食関係の編集ライター。タウン誌、グルメ情報誌、レシピ本、新聞の地域情報版などの媒体で15年以上取材執筆。美味しいものからちょっと変わったものまで、食に関するあらゆることを愛し、日々発信中。

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度