RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

料理研究家・河井あゆみさん「日本の極み 活甘海老」レシピ&試食レポ

今回、料理研究家の河井さんに試食いただくのは、生きたままご自宅へお届けするプリップリッの甘海老。 独自の方法で海の中にいるのと同じ状態で届くという、新鮮そのものの海老を使ったレシピとは!? さっそくご覧ください!

 

---------------------------------------------------

 

日本人に生まれて良かった…と思うのが、新鮮な生の海産物を食べる時ですよね。四方を海に囲まれたこの国で、様々な海の幸を生で楽しむことができるのは日本人としての幸せだと思います。

そんな日本の海の幸ラインナップの中でも私たちがご馳走と思えるのは海老類ではないでしょうか?伊勢海老をはじめとして、メジャーなところでは車海老やぼたん海老、芝海老に桜海老・・・。

その中でも私が大好きなのは甘海老です!甘くてねっとりした食感の身、プチプチした卵、よくだしのでる頭や尻尾。小さな体ながら捨てるところがない、いや捨てたくない!と思い、いつも大事に食べています。

そんな私が甘海老で有名な石川県の「能登とき海老」に出会いました!石川県の日本海に面する外浦と呼ばれる地域で、えび籠(かご)漁という手法で取られる甘海老です。小さくて身の柔らかい甘海老は網で取ると身が傷ついてしまいますが、籠漁はエサをいれた籠を海底に沈めて中に入ってきた甘海老ごと引き上げるため、身も傷つかず長いひげもついたまま水揚げ・出荷することができるのだそうです。

冬の寒さの厳しい1月6日に漁が解禁され、産卵前の初物が出回るのが1~2月。この時期にえび籠漁で水揚げされた甘海老は最高の部類に入るのだとか。

 

楽しみにしていたそんな甘海老が届いた時はびっくり!水と空気でパンパンになったビニールパックに甘海老が生きて入っているのです!ちゃんと動いてる!

f:id:neko_pa:20190316025041p:plain
この水は紫外線で殺菌された海水で、甘海老が生きられるようになっています。

f:id:neko_pa:20190316025123p:plain
翌日でもまた生きていました。このビニールパックを切って中の水を出し、甘海老をざっと洗います。

f:id:neko_pa:20190316025158p:plain

身が透き通っていて綺麗です。日本海の冷たい海から生きたまま来てくれたこの甘海老たちを美味しくいただきたい…。

さて、こんな新鮮な甘海老なのでまずは生で!

お醤油で…もいいのですが、ちょいとおしゃれに仕上げてワインといただきます♪私のお気に入りレシピをご紹介しますね。

f:id:neko_pa:20190316025259p:plain

レシピ①甘海老のカルパッチョ レモンとからすみ風味(2人分)

甘海老   15本
塩         少々
レモン汁  少々
からすみすりおろし 適量     
ディルの葉 1枝分
マイクロハーブ 適量
エクストラバージンオリーブオイル 適量

→甘海老の頭を取り胴体の殻を剥き、皿に並べる。

→並べた甘海老に塩・からすみ・ちぎったディルの葉・マイクロハーブの葉・エクストラバージンオリーブオイルをふりかけ、レモンの汁を絞ってかける。

からすみの塩気がきいていて白ワインがすすみます!透明でぷりぷりな身は新鮮な証拠ですね。これ以上手を加えたらもったいない!そう思わせる美味しさでした!

f:id:neko_pa:20190316025429p:plain

そして甘海老の頭も無駄にはしたくありませんね?

だしと取るのもいいけれど、少し捨てることになってしまいます。新鮮で臭みのない甘海老の頭、まるごといただくには?

f:id:neko_pa:20190316025516p:plain

長いひげや手足も全く傷んでいない、綺麗な頭です。これは籠漁で取れた甘海老だからですね。

まるごといただくには、フリットが一番!

f:id:neko_pa:20190316025549p:plain
レシピ②甘海老の頭のフリット バジルマヨネーズ添え(2~4人分)

甘海老の頭          15尾分

❍フリットの衣:
薄力粉               50g
片栗粉               小さじ1
塩                     ひとつまみ
炭酸水               60g

❍バジルマヨネーズ
卵黄      1こ
マスタード 15g
リンゴ酢 15g
砂糖 1g
塩 ひとつまみ
サラダ油 60g
バジルペースト15g

→甘海老の頭はよく水気をとっておく

→バジルマヨネーズを作る。サラダ油とバジルペースト以外の材料をよく混ぜ合わせ、サラダ油を少しづつ垂らしながらよく混ぜ、乳化させる。最後にバジルペーストを加え混ぜる。

→衣の材料を混ぜ合わせる

→頭に衣をまんべんなくからませ、180度の揚げ油でカリッとするまで揚げる。

*水気が残っていると揚げる時にはねるので注意。頭の中にも衣をよくからませるとはねにくい。

揚げたてのフリットにバジルマヨネーズと塩を添えて。サクサクのフリットを口に入れてかみしめると、甘海老の頭から味噌がジュワっ~と。バジルマヨネーズと塩を交互につけて、いただきま~す!

f:id:neko_pa:20190316025630p:plain

カルパッチョもフリットも家でのちょい飲みやホームパーティにもぴったり。ワインやビールにもよく合いますし、何より甘海老を捨てることなく全部楽しめます。

贈答用にも、ちょっと贅沢したい時の自家用にもおすすめです。生きた海老はお子さんのいるご家庭にも喜ばれそう!石川県能登とき海老、いかがでしょうか?

 

---------------------------------------------------

 

いかがでしたか? 日本海から生きたままやってきた甘海老を余すことなく、おいしくいただけるレシピ、ぜひご自宅で試してみてください!

 

「日本の極み 活甘海老」のお申し込みはこちら。

 

 プロフィール>

f:id:neko_pa:20160827044412j:plain

理研究家 河井あゆみ

2年半のNY滞在時に料理学校でイタリアンコースを修了し講師のアシスタントを経験。帰国後子育てを経て、2010年からイタリアンをベースにしたおもてなし・家庭料理の教室「料理教室ARNOアルノ」を主宰する。 

「日本の極み 神奈川県 横濱半熟カステラ」フードライター&栄養士・藤岡智子さん試食レポート

今回、フードライター&栄養士の藤岡さんには「日本の極み 神奈川県 横濱半熟カステラ」をご試食いただきました。「ありあけ」のお菓子に一度魅了されている藤岡さん。今回のリンベルと「ありあけ」のコラボレーションはいかがだったのでしょうか?ぜひ、ご覧ください!

------------------------------------

子どもの頃から大好きだったカステラ。この度は、リンベルと神奈川県にある製菓メーカー「ありあけ」がコラボレートした「日本の極み 神奈川県 横濱半熟カステラ」を試食する機会をいただきました。以前、「横濱ハーバー プレミアムマロンタルト」を試食させていただいてから、すっかりその味に魅了された「ありあけ」のお菓子。今回もワクワクしています。

横浜の風景が描かれたシックな包装紙を開くと、キュートなデザインのボックスがあらわれました。カステラをイメージしているのですね。中には、なんとカステラが2つも入っていました。冷凍便で届くので、自分の好きなタイミングでいただけるのがいいですね。

f:id:blogscout:20200128181327j:plain

f:id:blogscout:20200128181334j:plain

f:id:blogscout:20200128181341j:plain

早速、解凍していただきます。私は食べる日の前夜に冷蔵庫へ移し、解凍しました。見ただけで、そのふわふわ感が伝わってきます。

f:id:blogscout:20200128181353j:plain

カステラは、室町時代末期に日本に伝わったそうです。この「パンデロー」がその時伝えられたもので、今のカステラの原型になっているのだとか。長い年月を経て、再現したのは驚きですね。歴史を感じます。

f:id:blogscout:20200128181400j:plain

口に入れると、ほどよい甘さ、しっとりとした生地の食感、半熟部分のなめらかな味わいに感動します。生地は玉子色、とろっとした半熟部分はクリーミー。確かな技術で焼き上げられた、いろいろな味がハーモニーを奏でるカステラです。懐かしくも新しい味わい。幸せな気持ちになれるスイーツです。

f:id:blogscout:20200128181248j:plain

f:id:blogscout:20200128181408j:plain

f:id:blogscout:20200128181257j:plain

材料に本和香糖という、沖縄のさとうきびから作った砂糖を使っているそうです。和の風味を感じるのは、そのせいなのですね。コクのある味わいとやさしい甘さのどちらも感じることができます。紅茶と一緒に優雅なティータイムに。濃いめに入れたコーヒーにも合うので、ブレイクタイムを楽しんでください。

f:id:blogscout:20200128181305j:plain

f:id:blogscout:20200128181312j:plain

ホールで2つ分とたっぷりあるので、バラエティーに富んだ楽しみ方ができます。フルーツを添えて、食後のプチスイーツとしても、気軽に味わっても。ほどよい上品な甘さがフルーツと調和します。

f:id:blogscout:20200128181320j:plain

自分へのごほうび、手土産、おもてなしなど、いろいろな場面でご賞味ください。心も癒す、魅惑のスイーツで素敵なひとときをどうぞ。

------------------------------------

室町時代から親しまれているカステラ。昔懐かしい味でありながらも、さまざまな食感や味を楽しめる一品です。ぜひ、お友達とのティータイムやお子様とのおやつタイムに召し上がってみてはいかがでしょうか?

「日本の極み 神奈川県 横濱半熟カステラ」お申し込みはこちらから。

 

藤岡智子

f:id:blogscout:20161031111937j:plain

フードライター&栄養士。情報誌、グルメ雑誌のライターとしてレストラン、カフェなど500店舗以上の飲食店取材を経験。栄養士の資格を生かし、食育・栄養関連の記事の執筆、レシピ提案・調理などもおこなっている。

「日本の極み 名古屋よしだ麺乾麺セット」料理家・若井めぐみさんレシピ&試食レポ

今回、ハーブ料理研究家の若井めぐみさんに名古屋のお土産品としても人気の「吉田麺業」の乾麺セットをご試食いただきました。 試食レポはもちろん、おしゃれなアレンジレシピも必見です。
-------------------------------------------------

こんにちは!
ハーブ料理研究家の若井めぐみです。

今回は「日本の極み 名古屋よしだ麺乾麺セット 6束」で名古屋の吉田麺業さまの
乾麺を試食させていただきました。
 

吉田麺業さまは、120年余の伝統を誇る名古屋の老舗だそう。
保存料や添加物はいっさい使用せず、小麦粉、塩のみを材料に、昔ながらの製法で伝統の味を守っているんですって。

名古屋名物といえば…のきしめんでも有名みたいですよ!

さて、早速あけてみたいと思います♪

f:id:neko_pa:20190625091351j:plain

結構大きな箱。立派です。
包装紙は歴史あるこだわりを感じますね。
 

f:id:neko_pa:20190625091435j:plain

創業明治23年!

 

包装紙をはがすとこんな感じ

f:id:neko_pa:20190625091512j:plain

夏らしく涼し気なブルーのパッケージです!


あけてみると、

f:id:neko_pa:20190625091544j:plain

中もお揃いのブルー。
そうめんと細うどんでパッケージの色分けがしてありわかりやすいです。
この色合い、かなり好き。

 

同梱のカードに説明がありました。

f:id:neko_pa:20190625091614j:plain

こしのあるもちもちの麺が特徴みたいです。楽しみ~。 

 

箱をあけたときは見えませんでしたが、麺を一つ手に取ると、下に麺つゆが。 

1パック1人分が6パック。
麺つゆって大体どこのご家庭にもありますが、ちょっと切らしてしまったというときにこのパックが便利ですね。

f:id:neko_pa:20190625091705j:plain

 

では、早速シンプルに茹でていただいてみたいと思います!

まずはそうめんから♪

f:id:neko_pa:20190625091750j:plain

とってもきれいな麺です。

f:id:neko_pa:20190625091817j:plain

このツヤ、白さ、美しい…。

 

麺つゆは濃縮タイプで吉田麺業さまの推奨は 

*温かいver. → 250mlのお湯でのばす

*冷たいver. → 75-100mlくらいのお水にのばす 

とのことなので、冷たいver.の通りにのばして。

 

麺つゆに浸して食べてみると、もちもちした麺の食感が心地よく、どんどん進んでしまいます。

うどんでは、こしともっちり食感ってよく聞きますがそうめんみたいな細い麺でもちもちってわかるのかなぁと思っていたのですが、ちゃんともちもち感がわかります。

 

美味しい!!

 

続いて細うどんも試食♪

f:id:neko_pa:20190625091912j:plain

大葉の千切りを乗せてみました。

こちらは茹で上げたときからわかるくらいもっちりとしていい弾力。

f:id:neko_pa:20190625091952j:plain

ズズズとすするとしっかりとしたもちもち食感があり、食べ応えがあります。

こちらも美味しい!!

 

夏場は冷たい麺でいただきたいですが、寒くなってきたら温かい麺でいただくのもとっても美味しそうです。また試してみたいと思います。

 

今回はそうめん、細うどん、それぞれを使って2種類のアレンジレシピを考えてみました。
 

豆乳冷やし坦々そうめん

f:id:neko_pa:20190625092040j:plain

 こちらは私の夏の定番メニューで豆乳のさっぱり感とピリ辛が美味しい麺アレンジ。

 

<材料 2人分>

・そうめん・・200g

☆豆乳スープ

・麺つゆ(3倍濃縮)・・100㏄
・豆乳・・200㏄
・白練りゴマ・・大さじ2 

☆豚肉そぼろ

・豚ひき肉・・200g
・にんにく、しょうが(みじん切り)・・各ひとかけ
・花山椒(あれば)・・少々
・豆板醤・・小さじ1
 A 味噌・・小さじ2
 A みりん・・大さじ1
 A しょうゆ・・小さじ2
 A 砂糖・・小さじ1
 A 胡椒
・ごま油・・小さじ1 

☆トッピング

・青ねぎ(小口切り)・・適量
・すりごま・・適量
・ラー油・・適量
・きゅうり、トマトなどの野菜 お好みで
・パクチー、バジルなどのハーブ お好みで 

<作り方>

☆豆乳スープを作る。

ボウルに白練りゴマ、麺つゆを入れてよく混ぜ、豆乳でのばし、冷蔵庫でよく冷やしておく。 

☆豚肉そぼろを作る。
 1. フライパンにごま油、にんにく、しょうが、花山椒を入れて香りが出るまで
   炒める。
 2. 豆板醤、豚ひき肉を加えて豚ひき肉に火が通るまで炒める。
 3. Aの材料を加えムラなく炒める。 

☆仕上げ

 1. トッピングを準備してそうめんを茹でる。
   (きゅうりは千切り、トマトはスライス)
 2. そうめんが茹であがったら流水で洗って氷水でよく冷やし、水気を切って器に
   入れる。
 3. 豆乳スープをかけて、豚肉そぼろを乗せ、青ねぎ、すりごまをかけてラー油を
     回しかける。
 4. 好みできゅうり、トマトなどの野菜とパクチー、バジルなどのハーブをトッピン
   グする。  


冷やしジェノベーゼうどん 温玉乗せ

f:id:neko_pa:20190625092140j:plain

<材料 2人分>

・細うどん ・・200g
・温泉卵 ・・2個
・生ハム ・・2枚
・トマト ・・1個 

☆ジェノベーゼソース
・バジルの葉 ・・15g
・にんにく・・ 1/2かけ
・アンチョビ・・ 1フィレ
・粉チーズ・・ 10g
・松の実 ・・小さじ1
・オリーブオイル・・ 大さじ2
・塩、胡椒・・ 少々 

 

<作り方>

 1. 細うどんは熱湯で10分茹で、流水で流して氷水で冷やす。
 2. 水気をよく切り、ジェノベーゼソースを絡めて器に盛り付ける。
 3. 周りに生ハム、ヘタを取って6等分にカットしたトマトを並べ、
     上に温泉卵を乗せる。

 

☆ジェノベーゼソースの作り方

バジルの葉を細かくちぎってすり鉢の中に入れ、ペースト状にすり、にんにく、アンチョビ、粉チーズ、松の実を加えてさらにする。

滑らかになったらオリーブオイルを加えまぜ、塩、胡椒で味を調える。

f:id:neko_pa:20190625092234j:plain

私はいつもすり鉢で色々なハーブをペーストにします。

 

特にバジルはフードプロセッサーだと熱や刃に当たることで変色してしまったりするのですり鉢がちょうど良いです。

よかったら試してみてくださいね。

 

f:id:neko_pa:20190625092327j:plain

ジェノベーゼソースを手作りするのが大変な方は市販のものを使っても大丈夫です! 

 

そうめんと細うどん。シンプルに麺つゆでいただくのもいいですが、もちもちふっくら美味しい麺はアレンジをしても楽しめると思いますのでぜひ色々な召し上がり方で試してみてください。

 

私ももう少し、楽しませて頂こうと思います♪

 -------------------------------------------------

いかがでしたか?

老舗の名店が作り出す、極上のそうめんとうどん。

シンプルに堪能することはもちろん、ぜひさまざまなアレンジレシピにもチャレンジしてみてください!

 

「日本の極み 名古屋よしだ麺乾麺セット」のお申し込みはこちらから。

 

プロフィール>

f:id:neko_pa:20160801143753j:plain

若井 めぐみ 

ハーブ料理研究家

 

 調理師、メディカルハーブコーディネーター、マクロビオティックセラピスト。某一流ホテル調理補助や、六本木の隠れ家フレンチレストランのキッチンスタッフを経て渡仏。パリのパティスリー「Pain de sucre」にて修業。帰国後、日本の洋菓子店に勤務。その後独立。美味しくて体にいい料理を追求しながら料理教室も主宰。

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度