RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

管理栄養士&幼児食アドバイザー・川口由美子さん「山形の極み 山形牛特製ハンバーグ」試食レポート

管理栄養士で幼児食アドバイザーでもある川口由美子さんに、「山形の極み 山形牛特製ハンバーグ」をご試食いただきました。“働くお母さん”でもある川口さん。ハンバーグはどんな風に活躍したのでしょうか。早速ごらんください。

------------------------------------

こんにちは。管理栄養士の川口由美子です。

働きながら家族の食事を作るのって本当に大変ですよね。私は管理栄養士ではありますが、毎回何を作ろうかと、どうしても頭を悩ませてしまいます。
ラクに作ろうと思ったときこそ準備が必要で、私の場合はなるべく朝通勤時間やお昼休みに考えるようにしています。そして帰りにそれに必要な食材を買って帰るのが日課です。
まとめて買ってもいいのですが、なかなかできないので、いつも何か買い足しています。

さて、そんなときでも「買い物できない!」とか「作りたくない!」でも贅沢したい…というワガママな要望が出てくるときはありませんか? ……私はいつもあります(笑)。

そんなときに便利なのが、リンベルの「山形の極み 山形牛特製ハンバーグ」です。

f:id:blogscout:20180326175203j:plain

高級感いっぱいのパッケージにうっとりしてしまいます。

調理はいたって簡単。パウチごとお鍋にいれてゆでるだけです。

f:id:blogscout:20180326175225j:plain

そして、封を切って出すだけ。
パウチの中にはソースもたっぷり入っているので、お皿にすべて出すと、たくさんのデミグラスソースであふれそう!

f:id:blogscout:20180326175243j:plain

このデミグラスソース、お肉とはもちろんですが、お野菜にもよくあう味つけなので、普段は温野菜を食べないというお子さんも、このソースと絡めて食べたらきっとおいしく食べてくれること間違いなしです!

実際、うちの子どもたちは、このたっぷりなデミグラスソースのおかげで、野菜をおかわりしてくれました! うれしい!! ぜひ、ハンバーグとともに野菜もつけあわせにしてみてくださいね。

そしてもちろん、この主役の特製ハンバーグのおいしいこと、おいしいこと!

なんと、あの山形牛のうち、A4以上のロースとA3ランク以上のモモ肉を使っているとのことですので、本当に贅沢なハンバーグなのですね。食べてみると肉の感じがたっぷり残っていて、十分にお肉本来の味と旨みを味わうことができます。

f:id:blogscout:20180326175304j:plain

ソースがたっぷり入っているのに、お肉にもしっかり旨みがあって味が負けないので、お肉を食べた! という実感が持てるハンバーグです。

調理をラクしているのに、ごちそう感がたまりません。

たまにはこんなおいしい山形牛の特製ハンバーグで、ママも休憩してみませんか?
きっとご家族も大喜びですよ。

------------------------------------

いかがでしたか? 野菜によくあうとのデミグラスソースは、赤ワインや酒粕などを使っており、こちらもこだわりのソースなんです。お子さんたちが、野菜をたっぷり食べてくれるのは、お母さんにとってはうれしいですね!
調理はとても簡単なのに、食卓がパッと華やかになる特製ハンバーグ、ご自身やご家族で味わうのはもちろん、ご贈答にもぴったりです。ぜひお試しください。

「山形の極み 山形牛特製ハンバーグ」お申込みはこちらから。

 

川口由美子

f:id:blogscout:20160822112716j:plain

(一社)日本母子栄養協会 代表/幼児食アドバイザー/母子栄養指導士
離乳食や幼児食の本や雑誌を書いています。管理栄養士としてだけではなく、一男一女の母として子育て経験談も交えて、家庭の食事について伝えています。著書に『フリージング幼児食 1歳半~5歳 -1週間分作りおき!』(大泉書店)他

グルメライター・猫田しげるさん「山形の極み 寿虎屋酒造 梅酒」試飲レポート

グルメライターの猫田しげるさんに「山形の極み 寿虎屋酒造 梅酒」をご試飲いただきました。久しぶりの猫田さんのお酒レポート。今回は梅酒です。ぜひ最後までご覧ください!

------------------------------------

もともとはそんなにお酒好きではなかった私ですが、歳とともに日本酒やワインにハマっていき、今では365日ノン休肝で飲んでおります(自慢することではありませんが)。

f:id:blogscout:20180323202529j:plain

その私が最も飲む機会が少なかったのが「梅酒」。正直言うと「ホワイトリカーに梅漬けただけでしょ」とたかをくくっていたフシがあります。相変わらず斜に構えた性格ですね。

そんな私にまたもや挑んできました、リンベルの「山形の極み 寿虎屋酒造 梅酒」。
出ました、『寿虎屋酒造』です。以前、この酒造の甘酒を試飲させていただいたのですが、精米歩合55%の純米吟醸酒を造る工程の米麹を、お酒にせずに甘酒にしてしまったという、非常に贅沢な逸品でした。

f:id:blogscout:20180323202546j:plain

梅酒の原料は「梅」「アルコール」「氷砂糖」。アルコールは一般的なのはホワイトリカーですが、他にも、焼酎、泡盛、ブランデーなどを使う場合も。さまざまな種類を使って作ることができます。ただ、ホワイトリカーは砂糖を絞ったあとの廃糖蜜や粗留アルコールを蒸留して作られた、風味の弱いアルコールなので、私のような酒好きには物足りないかもしれません。

f:id:blogscout:20180323202601j:plain

さて『寿虎屋酒造』のこの梅酒、堅いことは抜きにして早速飲んでみましょう。

アルコール度数は12度と高めなのでロックでいきます。
グラスに注ぐと澄んだ琥珀色。最初のひと口目だけでも、しっかりお酒の味が感じられます。まろやかで角のない、重厚感のある日本酒の味です。そうして口の中で転がすうちに、濃厚な梅の香りが鼻に抜け、甘ったるくない、自然な甘みが広がります。

f:id:blogscout:20180323202614j:plain

ひと口目にして「おおお…」と感嘆してしまいました。
梅酒って「甘すぎる」「お酒の味がしない」「梅の味がしない」のどれかだと思っていたのですが(飲んでいたのがあまり高級ではなかったのでしょうか)、この梅酒は日本酒そのものの味も、梅の酸味や香りも、ほのかな甘さも、すべてバランスよく兼ね備えているのです。

f:id:blogscout:20180323202632j:plain

なんでも、お酒は山形県産酒造好適米と酒造の井戸から湧く蔵王山系伏流水で醸した日本酒原酒、梅は高級品種「しらかが梅」、しかも氷砂糖まで国産有名ブランドの大粒ブロックタイプ……と素材すべてにこだわっているそうです。

忘れてはいけないのが、梅を洗う「水」だって、原料の一つだということ。
「山寿虎屋酒造 梅酒」は、梅の実を1粒1粒傷つけないよう丁寧に軸を除いたあと、酒造の井戸から湧くきれいな水で洗浄し、水を切り、乾燥させて漬け込む……と、全行程において手抜かりはありません。

ちなみに大粒の氷砂糖を使う理由は、大きいほうがゆっくり溶け出し、梅の実のエキスが長時間かけてじっくり抽出されるためだとか。
酒蔵で11カ月間貯蔵したのち、初めて製品化されるのだそうです。

f:id:blogscout:20180323202648j:plain

ロックの次はストレートで飲んでみます。
すっきりした甘さなので、食前酒に最適です。梅本来の酸味もしっかり残っていながら、雑味が全くないので、どんな料理にも合いそうです。

f:id:blogscout:20180323202701j:plain

次は自家製ソーダマシンで作った炭酸水で、ソーダ割りにしてみました。
梅酒を多めにして大人の梅酒ソーダに。これは杯が止まりません。夏はミントを浮かべても爽やかですね。

f:id:blogscout:20180323202719j:plain

しかし、『寿虎屋酒造』の製品にはいつも驚かされます。
酒造であるからには、「お酒」と名のつくものに絶対に手を抜かない、職人意識とプライドを感じさせます。

f:id:blogscout:20180323202730j:plain

この梅酒、私は食後のデザート感覚で、ストレートで飲んでいます。
ほどよい甘さで、ボディもしっかりしたお酒の味も楽しめ、ほろ酔い気分で眠れる……。と、またお酒の量が増えていくのですが、おいしく味わっているのでヨシとしましょう。

f:id:blogscout:20180323202746j:plain

------------------------------------

いかがでしたか? ロック、ストレート、ソーダ割りと、どんな飲み方でも極上の味わいが楽しめる、寿虎屋酒造のこだわりがたっぷり詰まった梅酒だということが伝わってきましたね! 甘いお酒が好きな方はもちろん、普段は日本酒などを飲んでいる方にも、ぜひ味わっていただきたい逸品です。

「山形の極み 寿虎屋酒造 梅酒2本セット」のお申込みはこちら。

 

猫田しげる

f:id:blogscout:20160719195837j:plain

食関係の編集ライター。タウン誌、グルメ情報誌、レシピ本、新聞の地域情報版などの媒体で15年以上取材執筆。美味しいものからちょっと変わったものまで、食に関するあらゆることを愛し、日々発信中。

フードライター&栄養士・藤岡智子さん「おきたまデラウェアALCOHOL FREE」試飲レポート

フードライター&栄養士の藤岡智子さんに、「おきたまデラウェアALCOHOL FREE」を試飲いただきました。アルコールフリーのワインが気になっていたという藤岡さん。どんな風にレポートしてくれるのでしょうか? ご期待ください!

------------------------------------

ワインは、華やかでおしゃれな飲み物。グラスを手にするだけで、心が躍りますね。
今回は、幸運にも山形の極みシリーズの「おきたまデラウェアALCOHOL FREE」を試飲させていただくことになりました。

くわしい知識があるわけではありませんが、私はワインが大好きです。何か集まりがあると、手土産として持って行きます。でも、中にはアルコールが苦手という方もいらっしゃるので、なんだか申し訳なく思うことも。そのため、以前からアルコールフリーのワインが気になっていました。

鮮やかな赤のボックスを開けると、洗練されたデザインのボトルが現れました。
「おきたまデラウェアALCOHOL FREE」です。

f:id:blogscout:20180322194222j:plain

「おきたま」とは、山形県の南部に位置する置賜(おきたま)地域のこと。なんと江戸時代初期から続く、ぶどうの産地です。山形県産のぶどうの発祥地だとか。
中でもデラウェアは、日本一の生産量です。甘みが強く、酸味のあるデラウェアは食べてもおいしいです。

早速、グラスに注いでみましょう。透明感のある、美しい色あいです。飲んでみると、ぶどうの風味がしっかりと感じられます。皮ごと絞ると、こんなにコクのある味わいになるのですね。

f:id:blogscout:20180322194315j:plain

口の中でまず感じられるのは上品な甘さと酸味。そのあとぶどうの持つ渋みを感じますが、のどごしがよく、すっきりとしたあと味です。
明らかに普通のぶどうジュースとは違い、味の奥行きを感じます。
キリッとした、さわやかな味わいです。

ラベルはブルゴーニュワインをイメージしたとか。
会合などで、ワインが飲めない方へは何をお勧めしていいのか、迷うこともあります。でも、「おきたまデラウェア」があれば、ワインを飲んでいる気分を味わっていただくこともでき、自信を持って勧められます。透明感のある美しい色あいも魅惑的ですものね。植物色素や苦味成分のポリフェノールが多く含まれる果皮も、一緒に特別な手法で搾汁したそうです。

f:id:blogscout:20180322194336j:plain
次は、パンと一緒にいただいてみましょう。ブルーベリージャムに「おきたまデラウェアALCOHOL FREE」を少しだけ加えて、パンに塗りました。

f:id:blogscout:20180322194441j:plain

いつものジャムがグレードアップ、ノンアルコールなので、いろいろなレシピにも使えそうですね。いろいろな食事にもマッチしやすい、さっぱりとした味わいだと思います。

レシピといえば、赤ワインドレッシング。赤ワインを使う場合は、アルコールを飛ばす必要があり、ずいぶん手間ですよね。でも、「おきたまデラウェアALCOHOL FREE」は、ノンアルコールなのでそのまま使えます。ニンジン、タマネギのすりおろし、オリーブオイル、黒胡椒を加えて、よく混ぜるだけです。

f:id:blogscout:20180322194524j:plain

ぶどうの風味が大人の味わいを醸し出しています。いろいろな種類のサラダに合いそうですよ。

f:id:blogscout:20180322194540j:plain

新感覚のデザートワインのように楽しめますが、ゼリーも作ってみました。
粉ゼラチンを加えて、固めるだけのシンプルなレシピですが、上品な甘みが感じられる、予想以上においしいゼリーとなりました。やはり素晴らしい素材のおかげですね。

f:id:blogscout:20180322194557j:plain

「おきたまデラウェアALCOHOL FREE」1本で、あれこれ、ずいぶん楽しめました。
お取り寄せして、友人たちとの集まりに持って行きたいと思っています。新しいタイプのスタイリッシュなドリンクを話題に、楽しくおしゃべりできそうです。

------------------------------------

いかがでしたか? 驚きのアレンジがたくさん! どれもすぐに試せそうで、とても魅力的ですね。お友達との集まりにも大活躍間違いなしなのではないでしょうか。ぜひ皆さんも、「おきたまデラウェアALCOHOL FREE」を、そのまま味わうのはもちろん、さまざまな活用方法で楽しんでみてください。

「おきたまデラウェアALCOHOL FREE」のご注文はこちらから。

 

藤岡智子

f:id:blogscout:20161031111937j:plain

フードライター&栄養士。情報誌、グルメ雑誌のライターとしてレストラン、カフェなど500店舗以上の飲食店取材を経験。栄養士の資格を生かし、食育・栄養関連の記事の執筆、レシピ提案・調理などもおこなっている。

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度