RINGBELLスタッフ NEWS / BLOG

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、商品の魅力などを心を込めてお届けします。

カタログギフトの「リンベル」スタッフが、
	生産者の声や新商品の情報などをお届けします。

  • 本当に喜ばれる贈り物/リンベルのギフト
  • リンベルセレクトショップ

リンベルのスタッフNews&Blog

美容料理家&唎酒師 むらきじゅんさん「日本の極み 瀬古酒造 忍びの酒 甲賀忍酒 純米吟醸 雫採り」

今回は、おもてなし料理教室『SUPER BEAUTY RECIPES』を主宰するむらきじゅんさんに、「忍びの酒 甲賀忍酒」をお試しいただきました。

 日本酒のソムリエである唎酒師の資格を持つ、むらきさんの感想は?

---------------------------------------------------

こんにちは!美容料理家のむらきじゅんです。

日本酒好きが高じて唎酒師の資格も取ってしまった私の元に、今回うれしいお仕事のご依頼が♪

カタログギフトのパイオニア、リンベルさんの『日本の極み』シリーズから今回ご紹介させていただくのは”日本酒”。

滋賀県・瀬古酒造さんの「忍びの酒 甲賀忍酒」を試飲、さらにこちらのお酒に合うレシピの考案をさせていただきました!

まずは中身の上質さを思わせるシックな外箱から。

f:id:neko_pa:20180911201935j:plain

箱を開ける前からワクワクします!

蓋を開けると、想像以上に上品で落ち着いた日本酒4合瓶が登場♪

f:id:neko_pa:20181004161349j:plain

蓋開けた状態

忍びの酒、というネーミングにぴったりなイメージですね。

クール便で届いたので、冷え冷えの状態です。

f:id:neko_pa:20181004161514j:plain

立てた状態


ここで、日本酒豆知識!

ボトルの表裏のラベルからわかる主なポイントは3つ。

f:id:neko_pa:20181004161530j:plain

表ラベル

① 純米吟醸酒
② 雫採り

f:id:neko_pa:20181004161549j:plain

裏ラベル

③ 無濾過生原酒

 

より日本酒を理解し、自分好みのものを選んで美味しく飲んでいただくために、少々説明させてくださいね。

① 純米吟醸酒
・精米歩合(どの程度まで研かれたお米を使っているのかの割合)が60%以下。
・原料が米と米麹のみ。

② 雫採り
お酒の元となる醪(もろみ)を酒袋に入れた後、プレスして液体を濾すのではなく、首を縛って吊るし、自然に滴り落ちる部分だけを集める手法で、時間がかかる上に少量しか得られないので非常に高価で限定品のお酒となる。

③ 無濾過生原酒
通常は細かい滓を除去するために行う濾過を、香味や個性をあえて残すためにしないことで香り高い日本酒となる。また生原酒は、火入れも割り水もしないため、原料そのままの個性や特性をより濃厚に感じられる。

 

いかがですか。少し想像していただけたでしょうか。

一般的に純米吟醸酒は、純米酒に比べて香り高くすっきりとした味わいになると言われており、純米大吟醸酒に比べると、米の旨みや甘みなども感じられ、程よい塩梅の華やかなお酒が多いです。

個人的にも一番好きなタイプのお酒で、女性や日本酒初心者の方にも大変おすすめ!

雫採りは、雑味が一切なく、華やかな香りと繊細な味わいが特徴で、私もそれほど飲む機会がないのでワクワクです♪

さらに無濾過生原酒なので、上の2点に加え、滋賀県独自の酒造好適米「吟吹雪」の特徴が濃く生かされ、色合いも透明よりもやや黄金色で口当たりもとろりと滑らか。

このタイプのお酒は、冷やし過ぎず、温くない温度(15℃〜)でいただくのが、香りも旨みも感じられておすすめです。

逆に、寒くなってきたらもう少し温めていただいても、よりお米の旨みと味わいの変化が楽しめますよ。

私は今回、持ち味である華やかで芳醇な香りをより一層感じられるよう、また体温による温度の変化も楽しめるようステムなしのワイングラスでいただきました。

f:id:neko_pa:20181004161604j:plain

グラスに注いだ写真

ではまずは味わってみたいと思います・・・

f:id:neko_pa:20181004161621j:plain

グラス傾ける、キラキラ感

色はほのかなゴールド!光の反射具合でもキラキラと美しい!

香りは、想像通り芳醇で芳しいです。

鼻腔からダイレクトに脳に伝わる香りに、もうノックアウトです!笑

グラスに残るレッグ(液体が側面にへばりつく粘度)を見ても、とろりとした口当たりがおわかりいただけるかと。

f:id:neko_pa:20181004161633j:plain

レッグ

口に含んで少し転がしてみると、口の中いっぱいにお米の旨みや甘みが広がり、繊細な後味が長引くことなくすうっと綺麗に消えていきます。

決して軽くはないアタックと味わいなのに、なんて上品なんでしょう!


一緒にいただくなら、この美味しさをさらに引き立ててくれるような、シンプルなものがいいな・・・

f:id:neko_pa:20181004161655j:plain

おつまみ全品

この美酒、女性の方に是非飲んでいただきたい!と思い、「オヤジっぽいおつまみ」ではなく、女性好みのチーズやサツマイモ、きのこなどを使った、美容にも良く、軽めの「美酒に合う美ツマミ」を幾つかご紹介しますね♪

|ケイパーとマスカルポーネのポテサラ|

f:id:neko_pa:20181004161710j:plain

ポテサラアップ

ジャガイモ 小2個(約180g)
マスカルポーネチーズ 50g
ケイパー 30粒 みじん切り
甘酢 小さじ2

⑴ジャガイモはレンジで5分ほど加熱してからマッシュし、皮を取り除き粗熱を取る。
⑵甘酢とマスカルポーネチーズを加えてよく混ぜ合わせる。
⑶ケイパーを混ぜ入れ、味を見てケイパーの漬け汁で味を調える。


|いちじくのバルサミコマリネとカマンベールチーズ|

f:id:neko_pa:20181004161726j:plain

いちじく 1個 
カマンベールチーズ 1/2個
バルサミコ酢 大さじ1

⑴いちじくは6〜8等分のくし切りにする。
⑵カマンベールチーズはいちじくと同じ数に切る。
⑶⑴をバルサミコ酢に漬けて冷蔵庫で冷やし、食べる直前に⑵と一緒に盛り付ける。


|サツマイモのソテーはちみつレモン風味|

f:id:neko_pa:20181004161736j:plain

サツマイモ 1/3本 5mmにスライスする
バター 大さじ1/2
オリーブオイル 大さじ1
レモン汁 1/2個分
レモンスライス 適量(飾り用)

⑴サツマイモをバターとオリーブオイルを熱したフライパンで両面こんがりと焼く。
⑵レモン汁とはちみつを合わせた保存容器に入れてなじませる。
⑶冷蔵庫で30分ほど冷やし、レモンスライスと一緒に盛り付ける。


|ローズマリーの香りの舞茸のクロスティーニ|

f:id:neko_pa:20181004161746j:plain

舞茸 1パック
バター 5g
塩 小さじ1/4
トリュフオイル又はオリーブオイル 少々
バケットスライス 適量

⑴小房に分けた舞茸とバターを厚手で小さめの鍋に入れて蓋をして中火にかけ、音がしてきたら弱火に落とし、2〜3分加熱する。
⑵蓋を開けて10分ほど粗熱をとったら、塩を加えてハンドミキサーでペーストにする。
⑶軽くトーストしたバケットに乗せ、あればトリュフオイル少々を振る。


実はチーズと日本酒って抜群の相性なんです!

今回ご紹介した「忍びの酒 甲賀忍酒」のように、香り高くコクがあってとろりと滑らかな日本酒には、カマンペールやマスカルポーネ、クリームチーズなどのクリーミーなタイプのチーズや、ハーブや酸味を効かせたアクセントのあるものも、お酒に寄り添って引き立ててくれるので素敵なマリアージュが生まれます。

お酒が進みすぎてしまうのが難点ですが・・・今宵は美酒に酔いしれましょうか♪

 ------------------------------------

いかがでしたか? 

香り高い絶品日本酒とおしゃれな「美ツマミ」の素敵なマリアージュ。

パーティーやおもてなしの際に試してみてはいかがでしょうか。

 

「日本の極み 瀬古酒造 忍びの酒 甲賀忍酒 純米吟醸 雫採り」お申し込みはこちらから。

***********************************

むらき じゅん
美容料理家・唎酒師

パリ・リッツエスコフィエでの料理留学を経て結婚、子供を持ち、安心安全な食へ意識がシフト。食をサスティナブルなライフスタイルと結びつけ、目にも美味しいレシピを提案し続ける。
現在は主に横浜の自宅キッチンスタジオにて、美容と健康、地球環境を軸としたおもてなし料理教室『SUPER BEAUTY RECIPES』を主宰。その他ヨガやグリッドとのコラボ講座、食育講座、雑誌・メディアへのレシピ提供、企業のレシピ開発など行う。

f:id:neko_pa:20181004161942p:plain

フードライター&栄養士・藤岡智子さん「日本の極み 三重県伊勢志摩産 活伊勢海老」試食レポート

栄養士の資格を持ち、フードライターとして活躍している藤岡さん。今回ご試食いただいたのは、「日本の極み 三重県伊勢志摩産 活伊勢海老」です。生きたままお届けされるこちらの商品、藤岡さんは上手にさばくことができたのでしょうか。そしてそのお味は…?

------------------------------------

贈り物にも、自宅へのお取り寄せにも、カタログギフトのリンベルを愛用しています。味のクオリティ、安全性、パッケージ、配送に至るまで、安心して利用できるのがいいですね。

今回は、リンベルが全国から逸品を集めた「日本の極み」シリーズから、「三重県伊勢志摩産 活伊勢海老」を試食させていただきました。
これまで、いろいろなものをお取り寄せしてきましたが、活伊勢海老は初めて。ドキドキしながら、荷物を受け取りました。

水揚げされてすぐに伊勢から直送されたそう。二重の包装で届き、中の包装紙には「おはらい町」と「鈴木水産」の文字が書いてあります。おはらい町といえば、伊勢のグルメ店や食材が集まるおいしいものの宝庫として知られる地域ですね。鈴木水産は、伊勢海老を扱って30年を超えるとか。

f:id:blogscout:20181019180625j:plain

ふと気づくと、箱の中からガサガサという音が! 生きた状態で届くとは伺っていましたが…。

包装紙を広げてみると、こちらの箱が現れました。いよいよ箱を開けると、紙の緩衝材の中に伊勢海老の触角が見えます。
飛び出してくる気配にビックリ! 思わず、いったんフタを閉じました。こんなに元気でイキがいいとは、驚きました。

f:id:blogscout:20181019180644j:plain

あらためて開けてみると、なんとも風格のある姿形です。

f:id:blogscout:20181019181846j:plain

こんなにピチピチした海老を上手にさばけるか心配になりましたが、とてもうれしいことに、詳しい説明書が添えられていたので大丈夫。

f:id:blogscout:20181019180718j:plain

伊勢海老は水に10~15分つけておくと扱いやすくなるとのこと。キッチン用の手袋とボウルに入れた水を用意して、チャレンジしました。頭を外し、殻をむくのは意外に簡単。キッチンばさみを使うとより便利です。

f:id:blogscout:20181019180732j:plain

透明感のある、美しい身に心が躍ります。

f:id:blogscout:20181019180807j:plain

殻からスプーンで身を取り外し、まずはお造りでいただきます。

f:id:blogscout:20181019180824j:plain

f:id:blogscout:20181019180835j:plain

海の香りを感じる、伊勢海老の甘みを感じる味わいです。芳醇で、豊かな風味が口の中に広がります。こんなに鮮度のよい伊勢海老が自宅で味わえるのは、幸せですね。 

次は、すし飯を握り、伊勢海老をそのままトッピングしました。

f:id:blogscout:20181019180905j:plain

生き生きとした旨みをそのままご飯が受け止めて、あますところなく味わえます。淡泊でありながら、コクのある味わいは伊勢海老ならではだと思います。

今度は、火を入れて調理しました。まず、少し油で炒めて、卵でとじます。
ぷりぷりとした弾力と歯ごたえ、ほのかな甘みが心を満たします。

f:id:blogscout:20181019180922j:plain

お味噌汁も作りました。殻も一緒に煮ると、よいダシが出ます。磯の香りがいっそう感じられ、深みのある味に仕上がりました。海の王様・伊勢海老の実力を感じる、絶品の味です。

f:id:blogscout:20181019180929j:plain

自宅で伊勢海老を味わうという、スペシャルなひとときを満喫しました。贈り物にも、ご自宅でのおもてなしやご家族でのお祝いごとにも、ふさわしい逸品です。

 ------------------------------------

いかがでしたか? 伊勢海老は長寿のシンボルとされ、また、勇ましさを連想する見た目から、古くは武家の時代から縁起物として好まれていたようです。そのままはもちろん、調理しても、お味噌汁にしても、あますところなく旨みを楽しめます。特別な日の食卓をパッと華やかにする伊勢海老、ぜひご堪能ください。

「日本の極み 三重県伊勢志摩産 活伊勢海老 2尾」お申し込みはこちらから。

藤岡智子

f:id:blogscout:20161031111937j:plain

フードライター&栄養士。情報誌、グルメ雑誌のライターとしてレストラン、カフェなど500店舗以上の飲食店取材を経験。栄養士の資格を生かし、食育・栄養関連の記事の執筆、レシピ提案・調理などもおこなっている。

フードライター&栄養士・藤岡智子さん「山形の極み 山形とろけるプリン」試食レポート

今回、藤岡さんにご試食いただいたのは、「山形の極み 山形とろけるプリン」です。山形県長井市にお店を構える、地元出身の実力派パティシエが手がけるプリン。早速レポートしていただきましょう!

------------------------------------

リンベルさんの「山形の極み」は、素材と製法にこだわる商品をそろえたシリーズ。豊富なラインアップの中から、この度は「山形の極み 山形とろけるプリン」を試食させていただきます。

冷蔵便で、丁寧に梱包されて届いたボックスには、かわいいイラストが描かれていました。ミルク味とコーヒー味を表しているようです。

f:id:blogscout:20180904182700j:plain

開けてみると、プリンがお行儀よく並んでいます。スプーンが添えられているのもいいですね。おみやげにしても、手軽に持って行けそう。容器のフォルムもキュートです。

f:id:blogscout:20180904182722j:plain

f:id:blogscout:20180904182735j:plain

まず、ミルク味を試食します。口に入れると、なめらかでとろけるような食感にまず、びっくり。

f:id:blogscout:20180904184813j:plain

上品な甘さと牛乳のコクのある味わいが一体となって心をゆさぶります。大切に育てられた牛から搾った、山形県産の低温殺菌の牛乳を使っているとか。
マダガスカル産の天然バニラ香料ときび糖がやさしい味わいを醸し出しています。

このプリンを手がけた、長井市のケーキショップ「ブランドォレ」のパティシエ・小松龍侍さん。高い技術とセンスを感じます。

f:id:blogscout:20180904184833j:plain

これまでも、山形の極みシリーズをいただく機会があり、クオリティの高い味わいを実感してきました。このプリンにも、製造にたずさわる人たちの、ものづくりに対する真摯な姿勢がしっかりと伝わってくる味です。

コーヒー味はほろ苦さと、やさしい甘みが絶妙。ちょっぴり大人の味わいです。じっくりと低温で加熱しているからこそ、「生プリン」と表現したくなる、とろける食感ができたのですね。

f:id:blogscout:20180904185155j:plain

発送から7日間、日持ちするのもいいですね。冷蔵庫に、このプリンがあると思うだけで、心がほっと温かくなります。

自分へのごほうびスイーツとしても楽しめますし、贈りものやホームパーティーのデザートとしても重宝します。私もこれからはリピーターになりそうです。いろいろな機会で味わっていきたいと思います。

f:id:blogscout:20180904184645j:plain

------------------------------------
いかがでしたか? 「山形の極み 山形とろけるプリン」は、かわいい見た目に、素材や作り方へのこだわりと真摯な姿勢がギュッとつまった極上のプリンです。ぜひ、おもたせはもちろん、ご自身でも、とろけるおいしさを味わってみてくださいね!

「山形の極み 山形とろけるプリン」お申し込みはこちらから。

藤岡智子

f:id:blogscout:20161031111937j:plain

フードライター&栄養士。情報誌、グルメ雑誌のライターとしてレストラン、カフェなど500店舗以上の飲食店取材を経験。栄養士の資格を生かし、食育・栄養関連の記事の執筆、レシピ提案・調理などもおこなっている。

カタログギフトは、品質で選ぶならリンベルのカタログギフト。「おめでとう」を贈る、上質感。「ありがとう」を伝える、上質感。
カタログギフトのリンベルは、業界No.1の品揃えと、時代のスタイルに合わせた高品質な商品ラインナップ。
結婚引出物や結婚・出産内祝い、香典返しなどの冠婚葬祭やお中元・お歳暮に最適な、贈られた方がお好みの商品を選べるカタログギフトをご用意しています。

Copyright RINGBELL Co.,Ltd. All Rights Reserved.

プライバシーマーク制度